最近の山歩き



銚子ヶ口岳 ちょうしがぐちたけ (1076.8m) 滋賀県(永源寺町)
99.5.9 晴     同行者4名

花写真
エンレイソウ
 春の野山は色々な花が咲き乱れているが、ほとんど名前を知らない。ホームページで紹介しようとしても、名前が分からないのでは、何ともしようがない。

 そこで、今年は花の図鑑を山に持ち込み、気になる花を調べながら歩いている。
 おかげで、今回もエンレイソウ・ハルリンドウ・ホソバテンナンショウ・ミミガタテンナンショウ・ホウチャクソウ・イワカガミなど写真に撮り、また名前を知ることが出来た。

 今回の山はガイドブックには「銚子ヶ口」とあるが、現地では「銚子ヶ口岳」と書いてある。

 銚子ヶ口岳は石榑峠(いしぐれとうげ)を越え、林間を抜けて道が平坦になってきた頃、杠 葉尾(ゆずりお)という所に出る。神崎川にかかる橋の手前左側に駐車場がある。登山口はここから国道421号を200mほど行った左側にあるが、ここにも1台止められるスペースがある。

 国道からすぐに登山口となっているので分かりやすい。道は右へ左へと蛇行しながらの登り道。最初は植林の林間を行くが、ここで艶のある葉にピンクの花をつけたイワカガミや初めて見るミミガタテンナンショウを見つける。写真のエンレイソウがあったのは、ずっと上の方だ。

 しばらく行くと、右手谷の方から水音が聞こえ、そのせいか暑さが和らぐ。途中水場あり。冷たい水で顔を洗ったりして一息つける。

山頂
銚子ヶ口岳山頂
 道は緩やかに蛇行しながら高度を稼ぐ。最初は道がハッキリしているが、上のほうでは分かりにくいところもある。しかし、マークの赤いテープが所々にあるので道に迷うようなことはない。

 銚子ヶ口岳のピークは二つあり、最初に東峰に着くがここからの見晴しは素晴らしい。

 少し登り返して5分ほどで西峰の山頂に出るが、こちらに三角点がある。見晴しはあまりよくない。(写真)

 今日は日曜日だというのに、単独行の二人に出会っただけ。連休の後の為か、余り登られていないのか、静かな山でした。道中の雰囲気もなかなか良い。
 最後の方で少し急登もあるが全体的に歩きやすい道である。


 木曽三川経由で多度を通り、306号経由で421号に入る。石榑峠を越えていくが、峠まで一部道幅が極端に狭くなるので対向車があるとすれ違いが難しい。不安な人は名神八日市インターから戻ってもいい。