最近の山歩き
最近の山歩き


六所山 ろくしょやま (611m)
焙烙山 ほうろくさん (684m)  愛知県豊田市(豊田市総合野外センター・南駐車場)
2015-01-18  晴   3名

焙烙山21世紀の城からの展望・パノラマ
写真タイトル

yahoo地図による豊田総合野外センター・東駐車場(緑丸)からの踏跡   [茶] 往路 [紫] 帰路
グラフ
移動距離と高度

場 所 北 緯 東 経
南駐車場 35°03′25″ 137°17′29″
六所山 35°03′18″ 137°17′03″
焙烙山 35°03′37″ 137°18′10″
データは世界測地系(wgs84)です
東駐車場から車道を少し戻ると、左手に山に入る分岐がある。キャンプ場入り口と書かれているが六所山に行く道。少し荒れた林道のような道が続く。進んでいくと左手に「うさぎコース」と書かれた標識が出ているので、そちらに入ることにした。

直進の道はきつねコースに出て六所山に至るが、帰りにこの道を戻ってきた。

うさぎコースも広い道が続き神社の前に出る。神社の右側に道が続いていて先に行くと直ぐに神社風の建物がある。ここも丸太階段を上がり右側に回りこむと道が続いている。

道は山道らしくなってくる。きつねコースとの分岐に出ると左側に山頂がある。プレートがなければ通りすぎてしまうような所で木々に囲まれ展望はない。

引き返しきつねコースを下ると林道に出る。林道を歩き往路のうさぎコースに着く。

駐車場まで戻り、道路反対側にある舗装路に入る。上り道を行くと右手に焙烙山近道という標識が出ている。直進は自動車道経由のようなので、ここから山道に取り付く。

砂防堰堤の横を通り、少し足場の悪い道が続くが山道らしくていい。道は直進の舗装路に合流する地点に出る。広場になっていて、ここが焙烙山の登山口になっていて案内板も出ている。

いつ降ったのか分からないが登山口周辺の広場には薄く雪が積もっていた。適当に真ん中の道を行くと反射電波塔のある前に出る。ここから展望がよい。

山頂に着くと21世紀の城という展望塔が建っている。螺旋階段で上まで上がれる。展望はすばらしく、一際目立つのは御岳か?雪を被った山並みが望まれる。

今日は気温が低そうで風も吹いており、手袋をしていても指先がしびれるように痛みを感じる。早々に下に降り適当な休憩場所を探すものの冷たい風が吹いているので、適地がなかなか見つからない。

展望塔が21世紀の城とあるように周囲は城を模した石垣で囲まれている。石垣の傍で座れば風も通らないことが分かり、日当たりの良い石垣の傍らに陣どって昼食休憩にした。

焙烙山には三角点があるが、この石垣の外側に位置している。展望塔から直ぐ前に電波塔が見えたので、帰りに寄ってみる。電波塔の前に少し雪のある林道が続いている。もしかすると林道経由でも戻れるかもしれないと、進んでみるが離れていくようなので戻ることに。

山頂の東側にがあるが、そこから下に続く道が広場にあった案内板の道のようである。山道を下ると、焙烙山登山口の広場に出た。 ここから距離のある自動車道を歩くのは嫌なので、近道とある元の道を下り駐車場に戻る。


名古屋高速・湾岸経由で東海環状の豊田松平ICを出る
国道301号、新城・三河湖方面に進み、途中の信号で県道361号に左折
道なりに進むと左手に野外センターの広い東駐車場がある