最近の山歩き
最近の山歩き


猿投山 さなげやま (628.9m)  愛知県豊田市(菊石・七滝遊歩道入口)
2013-05-12 晴     4名

山頂から恵那山が見える
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°11′23″ 137°09′32″
猿投山頂上 35°12′21″ 137°10′01″
データは世界測地系(WGS84)です
山歩きも少し間が空いたので、短時間で登れ比較的緩やかなコースということで東海自然歩道になっている猿投山に行くことに。

今日は気温が高くなるということであったが朝は肌寒いほどの陽気で汗をかくこともなく山頂まで行くことが出来た。

今回は菊石・七滝巡りの遊歩道から歩き始める。登山口はトイレや大きな案内板があるが、ここまで車で入るのが厳しい。舗装はされているが道幅が狭く対向車とのすれ違う場所も少ない。

この道は別の登山口にもなっている猿投神社に続いているので時間帯によっては対向車で難渋するだろう。

遊歩道は東海自然歩道のように整備され坂は階段になっていて手すりのある桟敷もある。ただ日が当たらないのか足下は苔むしていて濡れていると滑りやすい。

広沢川の右岸に沿って道は付けられている。天然記念物になっている菊石は厳重に金網で囲われ、近くに寄れないのでどこが菊の文様になっているのかよく分からない。

も僅かな段差を流れ落ちているだけで名前が出ていなければ見過ごして行く程度のものであるが、遊歩道と周囲の景観がマッチして雰囲気は良い。

遊歩道は二つ釜滝で終わる。ここから狭い自動車道を歩くことに。道がT字路になりコースは右に曲がる。左に行くと七滝の一つ、血洗いの滝があるようだが見てきた滝からワザワザより道するほどではないと無視。

道は西ノ宮の鳥居の前に出る。ここかも山頂に道が続いているが東ノ宮経由で登り西ノ宮に下ってくることにした。

一度山道に入り、また自動車道に出て東ノ宮の鳥居に出る。鳥居をぬけ登って行くと東ノ宮の社に出る。この裏手に道が続いていて階段道を上り山頂に出る。

山頂部は平坦で長く続いている。前にはなかった丸太のベンチが道の両脇にいくつも設置してある。人気のある山なので訪問者がさらに増えたのだろう。

いつも行く山域では会うこともない若い山ガールにも数人出会った。中には単独で歩いているファッションで身を固めた山ガールもいた。

山頂での展望は瀬戸方面に開けているが、奥にシルエットのように恵那山が見える。

山頂をあとに東ノ宮まで戻り、そこから自然観察路に入る。三本並んだ大杉御舟石を見ながら下ると、西ノ宮の社に出る。ここを下ると往路の西ノ宮の鳥居に出る。

あとは元の道を戻るだけである。駐車地に戻ったら地元の中学生たちが登山道の清掃をしていた。

ここはアプローチの道路が狭いし、駐車スペースも狭いので大勢の観光客が入るには不向きで秘境と呼べるような所。菊石・七滝巡りの奇麗に整備された遊歩道である。

Map
山歩きコース

グリーンロードの加納インターを出て信号左折。道路左手に「猿投山 西の登山口」と標識の出ている所で左折。舗装されているが道幅は狭い。
菊石・七滝の大きな案内板の出ている所のスーペスに駐車。