最近の山歩き
最近の山歩き


お金明神 おかねみょうじん (780m)  三重県菰野町(朝明渓谷)
2013-07-21 晴     3名

大瀞の川原から壊れた鉄橋を見上げる
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°02′41″ 136°26′18″
お金明神 35°03′10″ 136°26′17″
データは世界測地系(WGS84)です
お金に縁があるようで、また行くことになりました。

当初の予定では、暑いので神崎川周辺でノンビリするということで、中峠経由で大瀞に出て、川沿いにタケ谷出合まで行き、根の平経由で戻るつもりでした。

朝明の駐車場は車が多いが登山者らしき人たちは少ない。暑いので早くから出発したのだろうか。

身支度しているだけで汗ばんでくる。舗装路を進み砂利道に変わると中峠への分岐標識が出ている。

分岐から荒れた川原を横切る、木橋を越え道なりに進むと大水で壊れたのか木橋が壊れバラバラになっている。渉れないないことはないが下に降りて反対側に取付く。

また木橋に出会うが、足場が多少揺れるが四本シッカリ束ねてあるので渉るのに不安はない。

ここを過ぎるとロープの付いた急斜面が続く。足場の悪いのを我慢して登って行くと中峠に出る。

前回より増して日差しが強く暑い。遮るものがないので早々と樹林帯の大瀞への道に入る。

比較的緩やかな下り道が続く。登山道としては少し乱れていてハッキリしない所もある。

撤去するか新しい橋を架けてもらいたいものだが、一応通行止めの鉄橋を見に。前回同様、手すりはグラグラになっているし、足場も一部傾いている。

今回も橋を渉らず神崎川を渉ることに。対岸(左岸)の大きな岩の辺りは木陰になっていて涼しい風が吹いている。

休憩するには絶好の場所。時間は早いが、ここで食事休憩しようということになり、体の火照りが冷めるまで休憩する。

同行者がお金明神に行ったことがない。大瀞から1時間もかからないから寄ってから予定のコースを戻ることに変更。

お金明神は今年の5月に行っているので、道探しも苦にならない。しかし、お金明神への分岐標識が出ている所から前回は直ぐに分岐の登りが分ったが、目印のテープ位置が変わったのか、しばらくウロウロする。標識の左前方にテープが見えたので、そこから取り付く。前回はもっとテープが付いていたような気がする。

また下からの取付きが分らず、時計回りで急斜面の下り下りのコースでしたが、今回は反時計回りの登りだったので、そういう面でも楽だった。

前回は凛々しい姿で圧倒されたが、二度目で感動も薄れたか、頭部を少し右に傾け居眠りしているような感じを受けた。お金明神も暑さで夏バテか。

帰り道、同行者が食事休憩中のアルコールが影響したか、疲れたのでタケ谷まで行かずに大瀞から同じコースを戻ろうということになった。

個人的には帰りの中峠からの下りが根の平峠より急なのでタケ谷経由の方が良かったが、同じコースを戻ってきた。

山中の木陰は暑さもさほど苦にならなかったが、舗装路に出てから背後からの日差しがキツく、駐車場に戻るまでの僅かな距離で、一気にバテ気味になった。

Map
山歩きコース

四日市ICを出て御在所方面に向かう.途中306号に右折。朝明渓谷への分岐(県道762)で左に入る。