最近の山歩き
最近の山歩き


納古山 のこやま (632.9m)  岐阜県七宗町(木和谷)
2013-06-09 曇     5名

納古山からのパノラマ
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°32′48″ 137°06′30″
納古山頂上 35°32′42″ 137°05′39″
データは世界測地系(WGS84)です
予定では納古口から登るつもりで出かけたのですが、登山口が分からず断念。

納古谷からのコースは20年ほど前に一度歩いたことがあるので気楽に構えていたのですが、新しい道が出来ていたり記憶がとんでいたりして、どうにもならないので木和谷からに変更。

国道から分岐して踏切を渡ると、左側に納古山への分岐標識が出ている。アプローチの林道は狭く未舗装であるが、平坦で車を進めやすい。

取り付きに近い第二駐車場に停める。登山口は林道を少し進んだ所にある。山道に入り登って行くと水のあるガレた登り。途中に水場もあった。

方向を変えながら道は続く。途中、違う方向からの道と合流するが標識が出ているので間違えることはない。

途中で少し急な岩場を越える所がある。足を置く位置に赤ペンキで印が付けられているので、それを追って行けば難なくこえられる。 岩場を過ぎると平坦な道になり山頂らしきピークが見える。また同じような岩場に出るが、ここも足を置く位置がハッキリしている。急な箇所もあるがファミリー登山にも配慮されていると感じる。

山頂には二体の石仏らしきものが祀ってあり、周辺に所狭しとベンチやテーブルが置いてある。遮るものが何もない360度の大展望。次々と登山者が上ってくる。 落ち着かないので少し下った岩場で食事休憩をする。

帰りは初心者コースを戻ることに。距離は長いが傾斜は緩い。最後の方はほとんど平坦な山道が続き緊張感のない歩きは疲労感が強い。

山道は林道終点に出る。ここは駐車場も兼ねていて登山者の車で一杯である。ここからは林道を駐車地点まで戻るだけ。

Map
山歩きコース

41号を北上し川辺町を過ぎ、上麻生の信号で41号が直角に右折し飛騨川の七宗橋を渡っていくが、この信号を直進して踏切りを渡って左側の道に入る。
道路左手に納古山への分岐標識が出ているので左折。
あとは道なりに未舗装路を行くと登山口に着く。中級コースへは少し手前にあるスペースに車を停める。初級コースは林道終点まで行くと、やはり駐車スペースがある。