最近の山歩き
最近の山歩き


平成山 へなりやま (381m)
高洞 たかぼら (424m)
高曝山 たかじゃれやま (457m)  岐阜県関市(平成の森公園)
2012-03-11 快晴     3名

高洞から見る御岳方面
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°34′09″ 136°59′37″
平成山頂上 35°34′43″ 136°58′02″
高洞頂上 35°34′26″ 136°58′01″
高曝山頂上 35°34′11″ 136°58′48″
データは世界測地系(WGS84)です
平成の森公園入り口の駐車場に車を停め歩くことにした。正面T字路を右に曲がり舗装林道を歩く。左側にログハウス風の建物があり前が駐車場になっているところに出る。車ならここまで入ることが出来た。

ここから林道は二俣に分かれる。左側の道に入ったが、道はループしているようで右の道に入った方が近いような気がする。

途中未舗装になる部分もあるが道なりに登り坂を歩く。道が上り坂から下りになりUターンするように戻るようになった頃、分岐になり登山口に行く標識が出ていた。一番左側の道に入ると林道は行き止まりとなり、ここが登山口となる。

最初は階段状の急な登りであるが直ぐに歩きやすい山道となる。登り詰めると尾根になり標識が出ている。右に行けば平成山なので右に行く。平成山は尾根道のピークに過ぎないような頂上で標識や方位盤がなければ通り過ぎてしまうような所で展望もない。

長居するような所でないので、引き返し尾根伝いに高洞に行く。高洞は三角点もあり展望の良いピーク。御岳方面がよく見える。すぐ前には高曝山のピークが見えている。今日はよく晴れて風も冷たく日陰は肌寒いほどであるが、春霞のように遠方のコントラストが悪い。

少し早いが日が当たって暖かいし見晴らしが良いので食事休憩をすることに。十分休んだあと、次の目的地、高曝山に向かう。

送電鉄塔を越える辺りまでは平坦な歩きやすい道が続いたが、ここから少し急斜面になり何度も登ったり下ったりしながら高曝山に着いた。ここも展望はないが平成山と違い日差しはある。

最初の予定では往路を戻ることになっていたが、黄色い境界杭の近くに赤いテープが付けられている。その先にも誘導するかのようにテープが付いている。地形図を見ると等高線の間隔も広そうなので楽な道が続いているのかと思い行ってみることに。

道というより踏み跡程度であるがテープが次々と付いているので、それにつられて下っていく。等高線から想像するより急な下りで足場も悪い。

いつの間にか見落としたのかテープも見当たらなくなった。急斜面で足場もわるく低雑木の小枝が複雑に絡み藪漕ぎ状態である。笹薮より始末が悪い。下れそうな所を探しながら下っていくと下方に視界の開けた所に出た。

下には舗装林道と往路に通ったログハウス風の建物らしきものを見えている。いままでのヤブに比べれば斜度も緩く降りられそうである。この辺りは伐採した後のようで踏み跡らしきものがある。樹木もほとんどないので見通しも良く安心感がある。

直下は出来ないもののジグザグに下り岩のゴロゴロした谷に出た所で谷底に沿って進むと、4本束ねた丸太橋に出た。この橋はコケがつき半分腐ったような状態で渡るのが怖い。

幸い橋の下は水量も僅かなので橋を渡らなくても通ることが出来た。橋を過ぎれば林道である。ここからは元の舗装林道を戻るだけである。

高曝山から先は誰かが個人的に通ったというだけで、道はなく藪漕ぎしなければならい所もある。整備されれば周遊できて面白いコースになると思うが、現状では勧められない。

Map
山歩きコース

東海環状自動車道・富加関インターを出て信号右折。道なりに進み、道の駅平成を左に見て2Kmほどで平成の森公園の案内標識が出ているので、そこで左に入る。あとは道なりに進めば駐車場に着く。
今回は分からないので、ここに車を停めたが更に正面を右折して進むと、ログハウス風の建物が建つ駐車に出るので、そこまで入ったほうかよい。