最近の山歩き
最近の山歩き


寧比曽岳 ねびそだけ (1120.6m)
筈ヶ岳 はずがたけ (985.2m)  愛知県豊田市(大多賀峠)
2012-09-02 曇     3名

寧比曽岳から筈ヶ岳へは木漏れ日さす雰囲気の良い道
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°09′16″ 137°26′24″
寧比曽岳頂上 35°08′16″ 137°26′21″
筈ヶ岳頂上 35°08′26″ 137°24′58″
データは世界測地系(WGS84)です
出かける頃は曇り空、途中グリーンロードを過ぎたらポツポツと雨模様です。大多賀峠に着いた時には雨も止んでいたが、今にも降りそうな曇り空。久しぶりに雨覚悟で登ることに。

大多賀峠からは鉄階段を上がり続いて木製の階段を上がります。ここは全コース東海自然歩道になっているので道や道標は整備されており、少し急になると階段道になる。楽な時もあるが浸食されて段差が大きくなっていると、上がり辛いし体力もよけいに消耗するような気がする。

曇のせいか暑くはないが湿度が高そうで歩き出すと汗が噴き出す。自然歩道なので要所にベンチあり、ここで汗をおさめながら進むことにした。

それでも峠から寧比曽岳まで1時間足らずのコースなので疲れることもなく山頂にでる。誰もいないかと思っていたが数組のハイカーが山頂の東屋で休憩していた。雲間から日もさしてきた。

寧比曽岳から筈ヶ岳に向かう。ここも前に通った道であるが下草が生い茂り道幅が狭くなっている。道は下り周辺の樹木で下草も減り道幅が広くなってくる。以前きた時は殺風景な感じのコースであったが感じの良い道に変わっていた。

道は林道に出会い登り返して下るとまた林道にでる。ここからの登りが急斜面だがすぐに終わり、登り切った右側に筈ヶ岳への分岐がある。

ここも防火帯になっていて道幅が広い。前は季節が早春のためか、幅広の枯れ草道を歩いたので余り良い印象はなかったが、今回は景色が一変して下草の中に道がついていて登山道らしく思えた。

筈ヶ岳から寧比曽岳に引き返し東屋で食事休憩することに。東屋に設置してある温度計は22度。歩いてきた直後は暑かったが心地よい風が吹き抜けるので汗も引き完全にお昼寝タイムになってしまった。

山にいる間は何とか天気も良かったが、車中で直ぐに雨が降りだし雨音が聞こえるほどの本降りになり名古屋まで続く。しかし、自宅近くでは雨は降っておらず遠くで雷がなっていた。

Map
山歩きコース

足助から県道33に入り大多賀峠まで。登山口取付きの少し先右側に広い駐車場。