最近の山歩き
最近の山歩き


額堂山 がくどうやま (420m)  愛知県豊川市(名電赤坂駅)
2012-01-08 快晴     単独

額堂山
写真タイトル

GoogleMapによる名電赤坂駅

場 所 北 緯 東 経
学堂山頂上 34°53′54″ 137°21′02″
データは世界測地系(WGS84)です
名電赤坂駅を出て直ぐの自動車道に左折。県道332号を北東に向かって道なりに進む。歩道がないので車に注意。

畑や民家がなくなる頃までは平坦な道が続くが、その後は上り坂になる。つづれ折れに上がって峠辺りに着くと左手に参道に入る石柱が建っている。その脇に小さいが額堂山への標識も出ている。

階段状になった参道を上がると民家のようなお堂の前に出る。この前を右に行くと直ぐに林道が交差している。

左側に送電鉄塔の案内標識が出ている手前に、近づかないと分からない、ほとんど消えかかった額堂山登山口の標識がある。

少しの間舗装された鉄塔への道を行く。途中から巡視路特有の階段道に変わるが送電鉄塔に出る。ここから電波塔の並ぶ本宮山がよく見える。

鉄塔の下をくぐり抜けると、笹で覆われた細い道が続いている。そこを抜けると樹林帯になる。

道が右に曲がる所から少しの間進入禁止のロープが張ってある。その先の下には採石場が見える。

踏み跡は薄いが赤いテープが付いているし尾根沿いに歩くので道を外すことはない。

何度も小ピークを越えていく。途中倒木を越えたり巻いたりすることもあるがそれほど急な所もなく山頂に至る。

山頂には石積みされた上に額堂山の標識が建っている。周囲は木々に覆われているので見晴らしは良くない。

展望もないし冷たい風が少し吹いているので、登山口のお堂まで戻る。ここの南側斜面の所が日当りがよく風もない。ここで食事休憩ししばらく時を過ごす。

帰りは同じ道を戻る。舗装道路の交通量は余り多くない。対向車がない時はセンターラインに寄ってくれるので安心だが、対向車がすれ違う時に合うこともあるので神経を使う。

この道路を歩いている物好きな人は、他にいなかった。

ここは昨年歩いた名鉄国府駅からの観音山にも近い。道路沿いでは第二東名の工事個所もあり、観音山トンネル工事中の所もあった。

Map
山歩きコース

特急豊橋行きで東岡崎まで、普通に乗り換えて名電赤坂
急行なら本宿駅で乗り換え
名古屋 名電赤坂 片道 900円