最近の山歩き
最近の山歩き


百々ヶ峰(東峰) どどがみね (417.9m)  岐阜県岐阜市(三田洞弘法)
2012-11-04 晴     3名

百々ヶ峰(東峰)から見る金華山方面のパノラマ
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°28′15″ 136°47′22″
百々ヶ峰(西峰) 35°27′47″ 136°47′17″
百々ヶ峰(東峰) 35°27′47″ 136°48′00″
データは世界測地系(WGS84)です
百々ヶ峰はガイドブックの紹介で前から知っていたのですが、まだ一度も訪れたことがありません。ここは岐阜市内で一番高い山だそうですが、金華山の北側にあり間に長良川が流れている。

登山口になる三田洞弘法の奥には広い駐車場があり、その先はゲートで閉められ車は入れないようになっている。

付近には長良川ふれあいの森と表示された地図案内板が出ている。自動車道(通行止)を中心にして両側に遊歩道が設けられているが、道が多いので分かりにくい。

距離もないので適当に行くことにして自動車道を歩く。途中には木製のベンチやイスが設置されている所がいくつかある。

百々ヶ峰に行くのが目的なので途中から山道らしき方に分岐するが、舗装されてないというだけで軽自動車なら通れそうな道が続く。

適当に歩いていったら西峰と東峰の分岐標識の所に出た。地図には西峰に百々ヶ峰の表示があるので先に行くことにした。西峰は三角点があるものの周囲は樹木に覆われ展望はないし人影も見当たらない。

分岐まで戻り東峰に向かう。こちらも広い道が続いているが、平行して狭い山道らしきものがついているのでそちらを歩く。直ぐ合流してまた分岐するという道になっている。

電波塔のようなものが見えると、そこが百々ヶ峰の東峰になる。ここにも三角点があり展望台もある。展望台に上がらなくても周辺部が開けていて眺めが良い。こちらの方が標高も高く展望があるせいなのか大勢のハイカーがいた。

逆行になって霞みがちであるが長良川の向こう側に城のある金華山が眼前に見える。名古屋のツインタワーもぼんやりしているが見えている。

反対側には白い雪をつけて白山や御岳方面の山並みを見えているが、やはり霞みがち。東峰から違う道を下ると奇麗なトイレのある道路に出た。ここにテーブルとイスがあるので一休みをして道路反対側の階段道に取り付く。

ここが今回一番急な所で、浸食されて階段道が上りにくい。上まで上り詰めると分岐標識が出ていて左に行けば山道経由で元の駐車場に行く。

ここは市街地にある遊歩道なのでアチコチからの道が続いて枝道が多い。歩いている人も多く、ほとんどが手ぶらかペットボトルやタオルを手に持っただけという軽装。中には走っている人もいる。ザックを背負いストックを持った山歩きスタイルは場違いのような雰囲気である。

短時間で百々ヶ峰を往復してきたが案内板に出ている道を全部回ればウォーキングコースとして良い所であるが、整備されすぎていて少し面白みに欠ける。

Map
山歩きコース

名岐バイパスを走りトンネルを出た所を左に入り長良川を渡って256号に右折、三田洞弘法奥の「長良川ふれあいの森」の広い駐車場に入る