最近の山歩き
最近の山歩き


聖山 ひじりやま (328m)
遠望峰山 とぼねやま (443m)  愛知県蒲郡市(JR蒲郡駅)
2011-01-16 雪     単独

聖山のイワクラ
写真タイトル

GoogleMapによる出発点

場 所 北 緯 東 経
聖山 34°51′06″ 137°12′53″
遠望峰山 34°51′23″ 137°12′21″
データは世界測地系(WGS84)です
この冬一番の寒気で名古屋は雪かもしれないという予報であったが、蒲郡の地域予報では一日中晴マークだったので、出かけることに。

車で行くほどの山とは思えないのでJRで行きました。車で登山口横付けの山歩きは舗装路を歩くのが苦痛でしかたがないが、何故か電車など公共交通を利用すると余り苦にならない。

駅から歩きということもあり今回も舗装路歩きが長かったが、違和感なく歩くことが出来た。

JR蒲郡駅を北に出て信号のある広い道路に出たら左折。市役所手前の信号で右に入り、北に向かって進む。新幹線の高架下を過ぎると両側にはミカン畑やハウスが多くなる。

最初広かった道幅もだんだん狭くなり、いつの間にか舗装された林道に変わる。林道に名前が変わると直ぐ左側に白龍池がある。ここから蒲郡市街地方面に視界が開け三河湾も一望出来る。

池を回り込むように緩やかな上り道を歩いて行くと左手に廃屋が一軒ある。このすぐ先が聖山の登山口になる。道はハッキリしていて分かりやすく歩きやすい。送電鉄塔を過ぎた辺りから雪がうっすらと地面に付いている。

蒲郡駅に着いた頃は日も射していたが、チラチラと雪が舞い始めた。登山道もうっすらと雪化粧。斜面を登り詰めると「磐座(いわくら)」がある。ここが聖なる山、聖山の山頂。足下には山頂を示す標識も出ている。

ここから少し下りになり、上り返すとガードレールのある舗装路にぶつかる。舗装路に沿って左に進むと歩道橋があり、これを渡り少し急な道を登った所が遠望峰山フェンスで囲われた所が最高点のようだが、背丈を超える草木が茂っているだけで何もない。

雪が本格的に降りだし横から吹き付けるように体にあたる。顔に吹き付ける雪で前を向いて歩けないほどである。視界も数10mほどしかない。山頂周辺は分岐がいくつかあり遊歩道になっているのかもしれないが、標識が出てないのでどこに通じているのかよく分からない。

吹雪の中少し先に行ってみたら電波塔なのか鉄塔の建つ広場に出た。雪ですっかり覆われていて下が分からないが長方形になった広い場所である。

最初の予定では、この先に桑谷山というのがあるので、そちらまで足を伸ばすつもりであったが視界が悪く、展望もないので今日はここまでとして引き返すことに。

山頂標識のところから歩道橋まで同じ道を戻る。往路は何でもなかったが、落ち葉の上に雪が乗った急な下りは滑りやすく歩きにくい。歩道橋を下った所から左に下る道が続いているので、そこに入る。

下り道なので滑らないよう慎重に歩く。山道を下りきるとミカン畑に出た。ここには遠望峰山への登山標識が出ていた。 山頂からは何も見えなかったが、白龍池同様ここからも三河湾方面が見えた。天気が悪く霞みがち。

雪が本降りになってきた。下る道を間違え分岐まで戻り予定の道に入ったら新道路建設のため道は完全に塞がれて入れない。しかたがないので大回りして蒲郡駅に戻った。

展望のよさそうな山名だったので冬場の天気の良い日に、と思って出かけたのですが、天気予報が外れ期待はずれでした。

Map
山歩きコース

JR名古屋から蒲郡まで片道950円