最近の山歩き
最近の山歩き


ハライド はらいど (908m)  三重県菰野町(朝明渓谷)
2011-04-15 晴     単独

ハライド山頂からのパノラマ(御在所から釈迦ヶ岳)
写真タイトル

GoogleMapによる駐車地点

場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°02′41″ 136°26′18″
ハライド頂上 35°02′01″ 136°26′09″
データは世界測地系(WGS84)です
今日は夕方から雨の予報であるが、日差しはあり暖かい。歩き始めて直ぐ額に汗がにじんでくる。

ブナ清水の分岐まで一息で歩く。ここにベンチがあるのでお茶でノドを潤しながら、これから進むべき道を確認する。

先月来たときは新雪で道が分からず撤退したが、やはり踏み跡のない雪の中を進むのはリスクが大きいと感じた。

ブナ清水の分岐から少し直進したあと、左の流れを渡って方向を変えなくてはいけないが、積雪でその場所が分からず、もしかしたら直進して別の場所に進んでいたかもしれない。

まだ新緑になっていない森の中、昨年訪れた時より水量が多く音を立てて流れている谷川の左岸に沿って登っていく。

最後の方で右岸に渡り谷から離れる。前は歩きやすい左よりを歩き、道を外してしまったが、今回は落ち葉も少なく道が比較的分かりやすくなっている。

前回見なかった標識の前にでる。正規の道は楽というか短い時間で進むことが出来る。

踏み跡を追って行くとT字路にぶつかる。右に行けばキノコ岩や県境尾根に出る。ハライド目指して左に進む。最初は下りこう配も緩く歩きやすい道が続く。

しかし、だんだん急な下り道となり登山道が一部崩れている所もあり緊張する。どこまで下るのかと思いながら歩きにくい急斜面を下って行くと腰越峠に着く。

ここは御在所と朝明をつなぐ峠になっている。以前は、ここから腰越谷に下って朝明に道が続いていたようだが、集中豪雨の影響で進入禁止になっている。

ケルンのある峠からは眼前に岩肌を見せるハライドがよく見えるが、登れる道があるのかと思えるような山姿である。

岩と滑りやすいザレの急斜面に踏み跡があるので、それを追って這うように登り岩場を越えるとハライドの山頂に出た。

ここからの眺めはすばらしい。眼前に御在所から釈迦ヶ岳にかけてパノラマが展開している。11時半頃に着いたが、食事休憩に丁度良い。

今日は誰にも会わず、山頂でも大パノラマを独り占め。強い日差しを浴びながら、しばらくボーッとして過ごす。

ハライドから朝明の駐車場まで戻る道は新しく作られたもので、急な所は階段状に整備されている。道もハッキリしているので、道なりに下って行くだけである。下りきると大量の岩石が広がっている所に出る。

右岸に沿って歩いてくと、何段にも堰堤が築かれているが、どれも上まで岩や砂で埋まっていた。

道は舗装路になりT字路に出る。ここを左に曲がり橋の横の道を進むと駐車場の近くの茶屋の看板の出ている往路の道に出る。

駐車場で靴を履き替えていたらパラパラと雨が降ってきた。予報では夕方からということであったが、いつも予報は微妙に外れるが道中降られることもなく戻ることが出来た。

Map
山歩きコース

四日市ICを出て御在所方面に向かう.途中306号に右折。朝明渓谷への分岐(県道762)で左に入る。