最近の山歩き




駒山 こまやま (855m) 愛知県豊田市(奥矢作湖)
2010-04-25 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°13′46″ 137°26′49″
駒山頂上 35°13′29″ 137°27′33″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
駐車場の湖畔から
下山口になる発電所あたりの駐車場に車を止め、登山口まで奥矢作湖を見ながら舗装路を行く。右手に広い駐車スペースがあり、道路沿いに電柱が建っている所が取り付きになる。

ここには送電鉄塔22号への標識が出ている。山名を記した標識はない。巡視路らしく落ち葉が積もっているものの判りやすい登り道。22号鉄塔を過ぎると尾根道もあり快適な登山道が続く。

山道は造成されたばかりのような広い林道に出る。ガイドブックには道が崩壊しているところがあると書かれていたが、ここのことではなかろうか。

林道を道なりに進むと左手に視界が開け恵那山方面が見える。道は鎖のゲートがあるところに出る。駒山へは右へ行く。山頂手前に朽ち果てた小馬寺がある。休憩小屋のような建物もあったが中は薄暗く陰気で入る気がしない。巨大な杉の切り株に屋根が付けられていたが、ご神木の跡なのだろうか。

この寺の裏側のピークが駒山になるが続いている道に沿って奥に進む。竹と杉が入り混じっているようなピークで木や笹が倒れていたりして荒れ気味。

途中から道が不明瞭になってきたが、ぐるっと回り込んでピークに取り付いた。そこには3つほど標識があったが山頂を示すものではない。直ぐ横にも同じぐらいの高さでピークになっている所があったので行ってみると足下に駒山の標識が出ていた。

写真タイトル
足下に小プレートがあるだけの駒山
三角点のない山ということであるが、目印がなく山頂名を示すプレートも足下にしかないので分かりにくい。

山頂から小馬寺まで戻る。倒壊した建物の直ぐ前に落ち葉やコケの付いた急な石段が下に続いているので下る。参道のような道が続いているので下っていくと、半分朽ちかけた立派な山門の横に出る。

山門から少し荒れ気味の道を下る。舗装された林道に出るが取り付きには4と書かれた標識が出ているだけで、こちらから山道に取り付くのは分かりにくい。舗装路を右にいく。

こちらも巡視路になっているようで送電鉄塔の番号が書かれた黄色いプレートが所々出ている。

4号鉄塔の所まで来ると林道は右へ鋭角に曲がるように付けられているが、いま造成中のようだ。この道を行かず、鉄塔の右側に山道が付いているので、そちらに入る。3号鉄塔を過ぎ、御岳の石標がある所に出る。ここを左に行くと2号鉄塔

石標の右を下っていくと堰堤の上に出る。堰堤の右に続く道を下ると駐車地点の舗装路に出る。ここにも送電鉄塔の標識が出ているだけで、登山道としての標識はなにもない。

道そのものは危険なところもなく歩きやすいが、枝道があったり登山道としての標識は絶無なので、地図と磁石は必須のコースである。



グリーンロード経由153号で伊勢神トンネルを抜け道路標識に矢作ダムと出ている所で左に入る。信号なし。
県道490号を道なりに進み奥矢作湖に出た所で右折、湖畔にそって進み、発電所らしき建物がある左側に広い駐車場あり。