最近の山歩き




本宮山 ほんぐうさん (789.2m) 愛知県岡崎市(くらがり渓谷バス停)
2010-03-14 快晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
くらがり渓谷バス停 34°56′24″ 137°23′57″
本宮山 34°54′35″ 137°25′14″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
馬の背平への分岐
名鉄本宿駅からくらがり渓谷渓谷行きのバスに乗り終点で降りる。バス停はくらがり渓谷のすぐ前にあり道路を渡って渓谷に入る。は広く緩やかな登り。

最初は巨大な岩が並ぶ水の流れを見ながらの道が続く。三脚を立て写真撮影している人たちもいる。単調な登りも渓谷美を楽しみながら歩けるが上に行くに従い谷から外れ水の音もなくなる。

山頂の少し下で分岐があり林道経由でもいけそうだが近道として馬の背平コースに入る。こちらは砂利をセメントで固めたようなデコボコした急斜面。一気に斜度が増す。

我慢しながら上り詰めると傾斜もゆるみ何本もの電波塔の立つ山頂に出る。山頂の北側の少し開けた所から雪をつけた御岳がよく見える。その左手には少し霞んでいるが白山も見える。

南側の眼下に三河湾や町並みが見えるが逆光でかすみがち。少し下がった東側からは南アルプスや富士山が顔を出していた。

写真タイトル
電波塔のある三角点前
くらがり渓谷側を歩いている人は少数だったが山頂付近には大勢の人たちがいた。山頂から奥宮に行くと下から階段を上がってくる人が後を絶たない。奥宮の休憩所には何分で登ったとか累計何千回とか一年で400回以上登ったとか番付表のようなものが壁に貼られていた。

奥宮から階段状の道を下る。途中馬の背と呼ばれる岩場がある。石巻山にあったでーたらぼっちの足跡がここにもあった。石巻山にあった案内板にはデータラボッチが石巻山と本宮山をまたいで小便をしたら豊川になったという民話が紹介されていたが、こちらの足跡の方が少し小さいような気がする。

下に行くに従い道は緩やかになり登山口に出る。ウォーキングセンタ周辺には広い駐車場がいくつかあるが、いずれも満車状態である。あとは舗装路を直進してT字路にぶっかった所を左に行き右に行く道で線路を渡って長山駅に出る。この駅も無人駅で車内で切符を買う。

本宮山へは南側から登った方が歩きとしてはいいが、乗り物の都合で逆になってしまった。大勢の人たちが登る人気のある山のようであるが、人が多すぎて私にとってもう一度行ってみようとは感じなかったのが残念である。



名鉄で本宿駅まで。本宿駅からくらがり渓谷行きのバスは休日の午前は8時15分発の一本しかない。