最近の山歩き




汾陽寺山 ふんようじやま (519.6m) 岐阜県武芸川町(汾陽寺参道)
2010-04-04 晴     3名

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°33′36″ 136°49′34″
汾陽寺山頂上 35°34′09″ 136°49′26″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
山頂
車を停めた所の斜面は墓地になっていた。未舗装の広い道は汾陽寺まで続いている。ここから左手に山道に入るの取り付きがある。

山道は余り人が入ってないような雰囲気で倒木なども多く踏み跡の薄くなっている所もある。道は急であるが登るにつれて道はハッキリしてくる。一カ所展望の開けた所があった。

しかし、また途中で分岐を間違えてしまった。急な道が続くので下を向いて歩いていたので分岐にあるテープを見落としてしまった。道なりに歩いていたらだんだん下り道になってきた。

周囲を見ても登り返すような状態ではないので間違いに気がつき分岐まで戻る。分岐からも急な登りが続く。

道なりに上って行くといつの間にか山頂に着いてしまった。山頂部の展望はない。まだ10時過ぎたばかりであるが、山頂の南側が広場のようなっていたのでそこで休憩することに。

今日は風もなく穏やかな日和で眠くなってくる。反対側に下ると舗装路を戻らなくてはならないので躊躇していたが、時間がたっぷりあるので山頂から続く道を下ることに。

写真タイトル
寺尾が原千本桜
こちらの下り道も急である。標識などは余り出てないが道はハッキリしてくる。下っていくと送電鉄塔(165)の下に出る。ここからは巡視路を歩くことになる。

166鉄塔への標識に従い次の送電鉄塔の方に下る。166鉄塔を過ぎると眼下に大駐車場が見える。寺尾ガ原千本桜の駐車場である。県道59に出ると、そこには送電鉄塔への小さな標識が出ていたが、登山口を示すようなものは何もないので、初めてこちらから登るとなると取り付きを探すのが大変である。

県道に沿ってずーっと桜並木が続いているが、まだ三分咲きほどで満開には少し早い。それでも花見の人で駐車場は車が一杯である。

持参したガイドブックの地図には舗装路を下り、坂の峠から分岐して寺尾峠を経由して駐車地点に戻るコースが記してあるので、峠付近でそれらしい鎖ゲートのある林道に入ったが、だんだん道が怪しくなり駐車地点から離れていくような気がしたので戻る。

少し県道を下った所に石仏があり、そこからも道があるようなので入ってみたが、やはり道らしきものが不明瞭になってきたので、結局舗装路を蛇行しながら戻ることになってしまった。



美濃ICを出て信号左折し西へ進む。T字路になったところを右折し県道59を北上。
少し分かりにくいが汾陽寺バス停の所で左に分岐する道があるので、そちらに入る。適当に路肩の広くなった所に停める。