最近の山歩き




石津御岳 いしづおんたけ (629.4m)
田代越 たしろごえ (639.9m)  岐阜県海津町(石津)
2009-03-29 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°10′55″ 136°37′10″
石津御岳頂上 35°10′30″ 136°36′20″
田代越(鎌知土) 35°11′07″ 136°35′33″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
樽沢神社
石津御岳の三角点を過ぎると一軒家のある分岐に出る。左に行けば多度山、右が今回の桜番所方面である。分岐を過ぎ石津御岳神社の前に出る。直ぐ右側にある道を下って行くと小さな社の奥の院がある。

道は急な下りになり林道に出た。ここからは林道歩きが続く。歩きやすいが単調で飽きてくる。途中、送電鉄塔の巡視路への標識が出ていた。巡視路は整備された登山道のようなことが多いので、そちらに行ってみることに。

しかし、真上の送電線を横切りそのまま行くと行き止まりになってしまった。余り歩かれていなような枝道もあったが反対方向に行ってしまうような気がして元の林道に戻る。

林道を道なりに歩いて行くと左手に水をたたえた大きな池が見える。ここを過ぎると左側に樽沢神社がある。こういう何か目標物があると林道歩きも一息つける。この先に鳥居のある田代神社への分岐がある。田代越に続く分岐であるが帰りに寄ることにした。

林道をそのまま進むと林道分岐に出た。ここで道を間違えてしまったのだが、桜番所方向に向かっている道に入ってしまった。途中ゲートがあったが、その中に入り進んで行くと新しい道のようで砂利が固まってなくて歩き難い。途中で林道は寸断、その先は下り斜面の谷のようになっている。位置的には桜番所は間違っていないが新設林道に入ってしまったようだ。

地形図には直ぐ横に道があるようなので、元の分岐まで戻らず途中から茂みに入りピークに出ると反対側に林道が見えるが、ピーク沿いに山道が続いている。そのまま歩いて行くと反対側の林道に交差した。そのまま進むのかと思いきや桜番所は反対方向にあった。

写真タイトル
田代越の三角点前
桜番所ではマウンテンバイクのグループが休憩していた。この辺りはハイカーよりマウンテンバイクやオフロードバイクが多い。一息入れて田代越の方に行くことに。

田代越の分岐から続く山道の直ぐ脇にも新しい林道が平行して続いている。反対側には田代池が見えるが水量が少ないのか草が生い茂っている。

田代越のピークには三角点がありプレートが架けられていた。地点名を鎌知土というらしいが山名ではない。それでも今日の最高地点である。ここから反対方向に続く道があるので行ってみると美濃山崎駅や行基寺への標識が出ていた。送電鉄塔への標識も出ている。

山崎駅に下ろうかと迷ったが、巡視路も気になり石津御岳に戻ることにした。巡視路方向に従い進むと田代池の反対側に出る。こちらからの方ががよく見えるが道は元の田代神社分岐の林道に出てしまう。巡視路は林道を歩けということか?

山道を期待して巡視路を選んだが今日は何だか中途半端な気分である。石津御岳を下り五合目上の左に下る道を戻ることにした。規制も標識も何もないが砂利が多く撒かれているし急なので歩き難い。正規のルートを歩くと気づかないが五合目辺りの山腹もかなり削り取られている。

道は採石現場の中に出た。今日は日曜日なので作業は休みらしく誰もいない。出口(入り口)の所にはゲートがあって車が入れないようになっていた。

さぼう遊学館から桜番所。今回の桜番所まで。それに昨年の石津御岳から多度山までと縦走コースがつながったが、ほとんど林道歩きで距離は稼げるが歩きとしての変化に乏しく退屈する。



木曽三川経由で国道258を北上。左角に墓石の並ぶ墓地の点滅信号を左に入る。