最近の山歩き




水晶岳 すいしょうだけ (954m) 三重県菰野町(朝明渓谷)
2009-06-12 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°02′40″ 136°26′18″
水晶岳頂上 35°02′30″ 136°24′52″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
見晴らしよい中峠
朝明渓谷の駐車場から舗装路を進む。今日は羽鳥峰から根の平峠に下る予定であるが、下山道との分岐を通過。道は未舗装となるがかなり荒れた林道である。

途中「なわだるみの堰堤」と案内のある所を通過。この直ぐ上に羽鳥峰へ猫谷コースの分岐がある。林道コースを行くので右に巻いて行く。道は林道とはいえないほどえぐりとられた状態で車では入れない。

左前方に羽鳥峰のピークが見えてくる。林道が終わり山道になると直ぐにT字路の分岐。羽鳥峰には左に進む。砂礫でピークに大きな岩が点在する羽鳥峰(823.1m)に着く。

ピークを下ったところが羽鳥峰峠である。なわだるみ堰堤からの猫谷コースはここに続いている。峠から急な砂礫を登る。滑りやすく今回一番の難所だった。

続いて穏やかな道が続き眼前に崩壊した砂礫の急峻な斜面が現れる。ここを乗り越えるのかと思ったら右に巻く歩きやすい道が続いていた。

金山の分岐に出る。右に少し入った所が金山で広いスペースになっており釈迦ヶ岳方面の展望が良い。

金山を過ぎると中峠。こういう所に出ると他の方向にも行ってみたくなる衝動にかられる。ここからはV字状に大きくえぐられたザレた急な道を登ると水晶岳の分岐前に着く。ここも右へ五分ほど行った所に山頂がある。

写真タイトル
雨量観測所の建つ水晶岳
山頂には無人の雨量観測施設が建っている。展望は金山と同じようなものだが休憩地にするなら金山の方が良い。

水晶岳からはV字状になった急な下りを進む。直ぐに歩きやすい尾根道になり根の平峠に着く。今日はここで昼食休憩に。

ここからは少し急な道を下るのみ。前は河原の石や岩のゴロゴロしたところを歩いたが、少し上に歩きやすい道がつけられていた。往路に通った羽鳥峰への分岐に合流し舗装路を歩いて駐車場に戻る。

昨年釈迦に登った時は、集中豪雨の影響で羽鳥峰方面は崩壊しているので注意と聞き、行かずに分岐から下山してきたが、何処が崩壊しているのか?普通に通れたので、よく分からなかった。

GPS Legend-HCxの不具合か?
昨年の春、初めて尾高山に行ったとき山頂とGPSの位置が微妙に違うので戸惑ったことがある。今回も水晶岳でGPSの位置を確認したら位置がズレている。試しにスイッチをOFFにして再度ONにしたら正規の位置らしき所を表示した。

以前は衛星の位置が悪くて精度が悪いと思ったが、どうやらそうではないらしい。この件は後日「お茶の間」に別記する予定。



木曽三川経由で大安まで行き、信号左折して南下。朝明渓谷は現在も橋を修復中で 直接入れず、三重県民の森経由で橋を迂回。