最近の山歩き




猿投山 さなげやま (629m) 愛知県瀬戸市(海上の森)
2009-02-01 快晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°11′57″ 137°06′51″
猿投山頂上 35°12′21″ 137°10′01″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
猿投山取付
海上の森から猿投山に行く道があるらしい。初めてのコースなので地形図持参で出かけました。前回より30分ほど早く着く、人影なし。

正月の物見山と同じく海上の森駐車場に車を停める。四ツ沢で海上池(大正池)方面に分岐する。今回は一昨日の雨のせいか海上池(大正池)に水が流れていた。

池から林道まで出て前回の物見山への分岐まで行く。ここから「通行止め」になっている林道に入り、道なりにどんどん進む。道左側に塀を巡らした所を通過し更に進むとゲートに出る。この手前は広くなっていてオフロードバイクを積んだ車が2台停まっていた。

ゲートを過ぎてようやく猿投山への案内標識に出会う。ここまで標識はなく、林道からの枝道はあるものの何処へ通じているのか分からないので林道経由で取り付きまで来た。

ここからは一般的な山道。道は尾根道になっていて赤猿峠を過ぎてから下から吹き上げる北風で周囲の立木はうなり声をあげている。

途中で何組かのハイカーが下ってくるのに出会った。山頂は混雑していのだろうと思いながら猿投山に着くが誰もいない。風の通りがよく足を取られるほどで台風並みの風が吹いている。これではノンビリ山頂で休憩するわけにもいかない。

適当に証拠写真を撮り早々に下山。帰りは赤猿峠から物見山に下ることにして、入れないように囲ってある中に入る。 道はよく踏まれていて分かりやすいが案内標識などは何もない。目に入るのは送電鉄塔への方向を示す黄色の小さい標識のみ。これは正規の登山道ではなく鉄塔への巡視路かもしれない。

A地点まで順調に緩斜面を下ってきたら、右下から何組かの登山者が登ってきた。物見山に行くには、その道を下っていけばいいと年配の婦人が教えてくれた。

写真タイトル
海上の里休憩所
ここは直進する道もあったが脇に送電鉄塔への標識が出ていたので、巡視路への道なのだと思い込み、地形図を確認することも忘れ婦人に言われるまま下っていったら往路の塀のある林道の所に出てしまった。出た所に分岐標識などないので、こちらから登る時は林道からの取り付きが分かり難い。

林道経由でなく直接物見山に行く道を期待していたので、すぐ脇にある閉鎖してある道に入り込み少し探索してみることに。この道は最初は良いものの奥の方は少し荒れ気味で分岐もあるが道なのかどうか分からない、尾根に取り付き進むも道がなくなり進むのに難渋する。

地形図では道があるとすれば、すぐ傍にいるはずなのに時間ばかり過ぎていく。疲れも出てきて道を探すのが面倒になり引き返すことにした。(家に帰ってからカシミールでGPSデータを見たが、A地点で曲がらずに直進すれば良かったのかも、これも次回の宿題)

林道経由では物見山に行く気力はなくなったので前回行かなかった「海上の里」経由で戻ることに。海上の里は民家が数軒とハイカー用に民家風の休憩所とエコトイレがある。

海上の森から猿投山に行くコースは、道そのものはよく踏まれていて歩きやすいが案内標識が東海自然歩道の所に出るまで何もない。林道も分岐が多くゲートや倒木などで通行止めにしてある所に入らなくてはならない。地形図なしでは登山口の取り付きまで行くのが難しい。



グリーンロードに入る手前の八草インターを出て信号左折。155を瀬戸方面に向かう。
大坪町の信号を右折し道なりに進む。現在工事中のため広い道がなくなりT字路になった所で右に曲がりすぐ左の細い道に入って、道なりに進むと左側に広い駐車場がある。