最近の山歩き




大 山 おおやま (327.9m) 愛知県田原市(三河田原駅)
2009-02-06 快晴     単独

GoogleMapによる出発地点
場 所 北 緯 東 経
大山頂上 34°36′06″ 137°08′43″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
山頂電波塔
バスの便が分からないので自転車持参で出かけました。三河田原駅から折畳み自転車に乗り衣笠橋を渡り、そのまま直進。歩道を走る。交通量は少ないものの途中から歩道がなくなり車の追い越しが気にかかる。

今日は北西の風が強く追い風なので自転車は前になかなか進まない。田原街道から398号に入ると右手に芦ヶ池が見える所を通過。平坦な道が緩い登り坂になってきた。まともに正面から風を受けるので自転車が止まってしまう。

強引に漕いでいたら脚がバンバンに張ってきた。しばらく降りて歩くことにする。押し歩きの後、乗ってみると何やら後輪がゴトゴトと変な感じ。見ると空気が少し抜けたようになっている。

ポンプで空気を入れ走り出すも少し走るとまた空気が抜ける。また空気を入れ少し進むという繰り返し。いわゆるスローパンクである。大山の登山口近くまで、騙し騙しでついに空気が入らなくなってしまった。予備のチューブは持って行ったので、交換すればいいのだがまず大山に登ってからということで、バンクした自転車を担いで大山に登る。

大山の登山口は398号から「農免道路」への分岐標識のある信号を左折して道なりに進む。前方に鉄塔がある大山が見える。登り坂になり前方にトンネルが見える頃、左に入る道がある。道路脇は広場のようになっているが工事用の車両が止まっていた。

左に入ると直ぐ細い山道となる登山口を示すものは何もない。右脇の水の流れる音を聞きながら細い道を登る。途中急な所はトラロープが張ってあるが両側に張ってある所があり道幅が狭いので自転車を担いでいるとひっかかり難渋する。

額に汗をかきながら急斜面を登って行くと電柱が二本並んでいる所に出る。片方の電柱に泉へと書かれて矢印が出ているが、草などが生い茂り人が入ってないような雰囲気。

写真タイトル
快適な自転車専用道路
この電柱を過ぎると道は緩やかになりウバメガシの茂る道になる。途中雨乞山への分岐を過ぎると岩場があり、ここから三河湾方面の展望がある。ロープの張られた自衛隊のヘリポート脇を通り過ぎ右に曲がった所に山頂標識と三角点がある。更に少し行った鉄塔の所まで行くと伊良湖岬方面が良く見える。

山頂でパンク修理と昼食をとり下山することに。元には戻らず南側に下る。こちらは林道のように広い道が下まで続く。道は荒れているので車で上まで来るのは無理。

どんどん下って行くと神社の鳥居の前に出た。ここからは舗装路なので自転車。幹線道路は車が走っているので海岸線に近い道に入る。途中から自転車専用道路に入り海を見ながらのサイクリング。

広い砂浜の海岸線が続いているが人影は全くなし。自転車専用道路をどんどん進み恋路が浜日の出の門という所まで行く。近くには売店や食堂などが並ぶ広い駐車場があり車が沢山停まっていた。

自動車道の下をくぐり抜けて階段を上がった所が伊良湖岬のフェリー乗り場、ここまで自動車道を通らずに来られる。

フェリーで河和に出て名鉄が帰ってきたのですが、高速フェリーも海が荒れていて大揺れ。ちょっとハプニングもありましたが、山に登ったような気分のない山行きでした。

大山の登山道は旧来の南側の道は単調な広い林道のような道で面白みがない。北側の農免道路トンネル手前からの道は山道らしくて雰囲気の良い道である。





名鉄豊橋駅の新豊橋駅から豊橋鉄道渥美線に乗換え終点の三河田原下車
名鉄豊橋から豊橋鉄道新豊橋駅は案内標識に従い連絡通路で直ぐ