最近の山歩き




物見山 ものみやま (327m) 愛知県瀬戸市(海上の森)
2009-01-03 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°11′57″ 137°06′51″
物見山頂上 35°11′30″ 137°08′04″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
篠田池
現在林道に入る手前で橋の工事をやっており、アプローチの道路が少し分かり難かったが、エコトイレのある広い駐車場に車を止める。

2万5千の地形図を見ても良く分からないのでこちらの略地図を参考に歩くことにした。

駐車場から林道を少し歩くと四ツ沢という所に出る。まず篠田砂防池に向かう。最初は落ち葉の積もる道が続いていたが、どこかで道を外したのか分かり難くなってくる。斜面を登ると青いシートのかぶせられた小さな人工物のある所に出る。

更に上に行くと尾根に出て眼下に池らしきものが見えた。近くまで行き地形図で照合したら篠田池らしい。表面にはうっすらと氷が張っている。

篠田池から海上池(大正池)の東に出て物見山に行き、その後で海上池に行くつもりでいたが、何本もの道が交差しているし標識もないので適当に進んだら西側の林道に出てしまった。

林道を海上池方面に進むと堰堤にぶつかる。堰堤の上に出るのにロープのある急な階段を上がる。今度は堰堤の反対側に下りるのに急で細いコンクリート製の階段。ここは手すりなどないので、ちょっと緊張する。降りた所が海上池らしいが水は枯れてない。立ち枯れの木が沢山並んでいる。水をたたえると上高地の大正池に似ている?ことから別名「大正池」と呼ぶらしい。農業用水のため農閑期は水を抜いてあるということです。

写真タイトル
物見山からの展望
海上池から東に進み林道分岐に出る。ここには分岐標識が出ている。ゲートのある方に入る。林道を道なりに行くと物見山への標識が出ているので、そこから急な斜面に取り付くと直ぐ山頂に着く。山頂と行っても尾根の通過点のような所。

瀬戸方面に展望がひらけている。山頂にあった寒暖計は0度を表示していた。歩き回るにはちょうどいいようで汗もかかずに歩ける。山頂から尾根を下ることにした。下って直ぐの所に巨岩がいくつかあった。脇の案内板には「聖徳太子の古墳」とある。

どんどん尾根をくだっていくと林道に出る。林道を歩き往路の四ツ沢まで戻る。ここから三角点のある所に行ってみることに。取り付きは入れないように柵がしてあるが、これもバイクが入れないようするための処置のようでハイカーは入れるようだ。

三角点からも展望は良く、こちらはJR名古屋駅のツインタワーまでよく見える。ただ、周囲の立木が成長してきて何年かすれば展望はなくなるかもしれない。三角点から反対側に下る。標識のある十字路に出る。五輪塚とある方に行ってみる。五輪塚には五輪塔があって、反対側から登ってくる道もあり瀬戸方面に展望がある。

五輪塚から分岐まで戻り海上の森センターに行くが正月休みか閉鎖されていた。センターから舗装路を歩き駐車場まで戻る。車が増えていた

海上の森は案内図にある道以外にたくさんの枝道がある。それほど広い森ではないので方向さえ間違えなければ市街地に出られると思うが注意を要する。

駐車場からの出発時、数人のマウンテンバイクに乗った人たちが林道に向かって走って行ったが、それ意外で見かけることはなかった。



グリーンロードに入る手前の八草インターを出て信号左折。155を瀬戸方面に向かう。
大坪の信号を右折し道なりに進む。現在工事中のため広い道がなくなりT字路になった所で右に曲がりすぐ左の細い道に入って、道なりに進むと左側に広い駐車場がある。