最近の山歩き




三池岳 三池岳 (971.8m) 三重県菰野町(八風キャンプ場奥)
2009-10-30 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°04′39″ 136°27′30″
三池岳三角点 35°05′08″ 136°26′35″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
山頂付近の紅葉
昨年の11月に行く予定でしたが、集中豪雨の被害か途中で通行止めになっており他の山に変更したので再度行ってみることに。

今回はいつも車を停める所まで入ることが出来た。途中八風キャンプ場付近の橋が新しくなっていたり、その後の道が少し荒れ気味になっていたりして以前とは様相が違っている。

今日は尾根道を登り八風街道を下ってくるコースにした。登山口のある八風射撃場の方に進むが林道は車が入れないよう岩が積み上げてある。射撃場は跡形もなくきれいな更地になっていた。いつからなくなったのだろう?

射撃場跡から更に続く林道は荒れ気味で道には雑草が生い茂っている。林道の途中に登山口の標識があり山道に取り付くが、こちらは最後まで急な登りが続く。

途中で登山道が崩壊していて迂回路になっていた。イワカガミの群生する岩場を過ぎると更に急になり露出した木の根につかまりながら登る。笹が目立ってくると平坦な道になりお菊池の横に出る。

写真タイトル
八風峠
斜度のあるザレ道を通過すると三角点のある山頂。その少し先に石標の建つ、もう一つの山頂がある。紅葉がちょうど見頃で、今年は色が鮮やかなようだ。

三池岳から八風峠に行く。途中笹薮が深かったが生え変わったのかシタクサのような背丈の笹になっていた。

峠から昔の街道を下ってきたが途中沢を渡る所が激変していた。豪雨の影響で大きな岩や倒木が溢れ、以前の数倍の幅に散乱している。沢を渡ってからの道もなくなっていて、岩場の間を進む。

それでも部分的には残っていた。最後に堰堤の下に出る辺りでも堰堤の上は砂や岩が溢れ登山道もそれに飲み込まれてしまっていた。

堰堤から林道になり林道歩きで駐車場まで戻るコースであったが、林道も部分的に崩壊していて岩のゴロゴロする中を歩いたり、新しく巻き道が山側に付けられていたりして、以前とはスッカリ変わってしまった。

今回は山頂付近の美しい紅葉を堪能しながらも、登山道の激変に戸惑いの山歩きでした。



木曽三川経由、大安から306号を南下。 田光で「八風キャンプ場」の看板出ているところを入る(信号なし)。道なりに進み八風キャンプ場を過ぎ、林道の左側に数台停められそうな広場がある