最近の山歩き




衣笠山 きぬがさやま (278m) 愛知県田原市(三河田原駅)
滝頭山 たきがしらやま (260m) 愛知県田原市(三河田原駅)
2009-01-16 快晴     単独

GoogleMapによる出発地点
場 所 北 緯 東 経
衣笠山頂上 34°40′32″ 137°14′24″
滝頭山頂上 34°39′51″ 137°14′12″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
衣笠山からの展望
年が明けてから寒さが厳しくなった。少しでも暖かそうな所に行くことに。名鉄で豊橋まで、豊橋から豊橋鉄道渥美線に乗り換えになるが、案内標識に従い連絡通路を行くと直ぐに三河田原行きに乗ることが出来た。

終点で降り、駅前を左に進む。城宝寺という大きなお寺の前を進み竜門時というお寺を巻くように右に曲がると左手に郵便局のある所に出る。郵便局の方に進みとすぐに衣笠橋がある。橋を渡り右折して川沿いに右岸を上流に向かう。

信号のある交差点を渡ると舗装路が未舗装に変わり菜の花が満開の畑を見ながら突き当たりまでいくと、「花のみち」という案内が出ているのでそちらに右折。続いてバックミラーにつけられた案内板に従い左折してみかん畑の中をいくと衣笠山への標識が出ている。案内に従って進めば「遊歩道入り口」とある登山口に着く。

ここからは階段道となり道幅も広い。日だまり道で風もなく暖かい。坂道を歩くと汗ばんでくるほどである。途中衣笠山の分岐標識の所から道が狭くなり急になってくる。ちょっとした岩場などもあり山道らしくなってくる。道の両側は姫越山のようにウバメガシが密集している。

写真タイトル
滝頭山からの展望
衣笠山の岩場には小さな社が祀られているが岩に登ると三河湾一帯の展望がある。天気がよければ南アルプスから富士山まで見えるということであるが、雪をつけた南アルプスの山並みがかすかに見える程度で遠景は霞みがち。登山道反対側には三角点もある。

衣笠山から滝頭山に行く。こちらは急な狭い道の下りが続く。ロープのある箇所も多い。どんどん下って行くと仁崎峠に出る。道路を横切り反対側の急な階段道に取り付く。尾根道のような直登を登りきると滝頭山に着くが、ここも僅かに三河湾方面に展望がある。

滝不動のほうに下るが、ここも狭い急な下り道。途中岩場への分岐があるが、そちらに行くと展望がいい。急斜面を下りていくと滝に出る。霊場のような雰囲気だ。滝から蛇の穴というところを経由して滝不動につく。滝不動から滝頭公園に出て舗装路を通り往路の道に戻る。

渥美線と名鉄の連絡がいいのか、ほとんど待ち時間もなく電車に乗ることが出来ました。

最近は車の運転も億劫になってきた。冬場は道路凍結の不安もあって余計に出不精になってしまう。寒い間は公共の電車など利用して山歩きすることが増えそうです。



名鉄豊橋駅の新豊橋駅から豊橋鉄道渥美線に乗換え終点の三河田原下車
名鉄豊橋から豊橋鉄道新豊橋駅は案内標識に従い連絡通路で直ぐ
名鉄名古屋−豊橋 1080円 新豊橋−田原 510円

車なら滝頭公園に広い駐車場あり