最近の山歩き




鹿島山 かしまやま (912m)
大鈴山 おおすずやま (1011.5m)
平山明神山 ひらやまみょうじんさん (970m)  愛知県設楽町(和市)
2009-06-07 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
和市の駐車場 35°05′33″ 137°35′51″
鹿島山頂上 35°06′06″ 137°35′51″
大鈴山頂上 35°06′19″ 137°36′23″
明神山頂上 35°05′49″ 137°36′47″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
鹿島山
三山とも過去に登ったことがあるが、明神山へのコースは初めてである。和市の駐車場から奥に入り左に続く橋を渡り川の反対側を進み、民家の軒先にある駐車場の所が鹿島山の取り付きとなっている。

ここも東海自然歩道の一部なので階段道が続くが段差が少ないので歩きやすい。舗装路や未舗装の林道を横切りながら登って行く。途中水場のある休憩所がある。

休憩所を過ぎると、また林道に出るが目の前に石段の続く鳥居がある。鹿島山には林道を右に行くが、ついでに階段上の神社にも立ち寄る事にする。神社の裏手には御神木の大木があり、その奥にロープの張られた細い道が続いている。

鹿島山の山頂の奥に下る道があったので、ここから鹿島山に続いているのかもしれないが標識は見当たらなかった。

神社右手の広場を横切ると林道に出る。林道脇には登山口の標識が出ているので、そこから取り付く。道は少し急になるが階段道が続く。登りきって左側が大きな岩のある鹿島山。展望はない。奥にも道が続いている。

大鈴山には反対方向に進むが緩いアップダウンのある尾根道。途中に平山明神に下る分岐がある。大鈴山は南東に視界が開けている。山頂には大きなアブが数匹ホバリングしながら旋回している。

写真タイトル
大鈴山
自分たちの縄張りであるかのように山頂から離れずに旋回しているので写真だけ撮って明神山に向かう事にした。

分岐から一気に急な下り道になる。途中にはピークがいくつかあり登っては下りの繰り返し。ダミンダ峠の標識が出ている鞍部からは眼前にピークが立ちはだかるように急斜面が伸びていて段々疲労感が増してくる。

ピークの上には要塞のような巨岩が行く手を阻んでいる。巻き道になっている所もあるが岩場を乗り越えて行かなければ行けない所もある。

途中岩古谷山に下る分岐を過ぎると岩場が続き、片側が切れ落ちた狭い岩場や両側の切れ落ちた斜度のある岩場を通らなければならず、一番苦手なコースになっている。ここまで一切ロープや鎖の類いはない。

岩場を過ぎると平山からのコースと合流して明神山に着く。明神山も展望がないので、下の片側が断崖絶壁になっている所が下から吹き上げる風が気持ちよいので、そこで休憩して食事にする事にした。

一息入れて岩古谷山(堤石峠)に下る。こちらも急な道で何度もピークを越えて行く。ここで少しトラブルがあった。何度もピークを越えるので疲れがたまり、ピークの手前で左に続く踏み跡があった。巻き道かもしれないと踏み込む。直ぐに踏み跡は乱れだすが、ピークを越えた所に出られるかもしれないと急斜面の山腹を進むがピークから支尾根が出ていて簡単にはピークの方向に進めない。

写真タイトル
平山明神山
途中GPSで現在位置を確認したが最初のピークからかなり先に進んでおり、堤石峠の直ぐ近くまで来ているのだが、疲れもあり斜面がきつくて上に上がるのが困難。時間がどんどん過ぎて行くので、万が一上に登っても正規の道が見つけられるかどうか心配になってきたので、元の所まで引き返す事にした。

意図的に道を外したので不安はなかったが、正規のピークを越えアップダウンを繰り返し、通過し難い急な岩場などを何度か下り堤石峠に着く。峠からは見覚えのある十三曲がりの緩い階段道を下り駐車地点に戻るだけである。

ガイドブックにはバリエーションルートなので無闇に入らないようにと書かれているので今まで我慢していたが、距離もそれほどないので大丈夫だと思ったが、なかなか手強いコースでした。

明神山の分岐から堤石峠に下る道の途中の岩場などロープが何カ所か設置してあったが、それ以外は危険を感じるような所でもロープなどの人工物は一切なかった。

今回は時計回りで堤石峠に下ってきたが、堤石峠から登って鹿島山の方に行った方が楽なような気がした。

自宅や駅の階段でも下りは手すりにつかまらないと脚が不安な状態なので今回のようなコースは苦手である。道そのものは赤いテープが付いていたり手製の標識も出ているので、意図的に外さなければ道を間違えるようなことはないと思うが、技術的というか体力がいるコースでした。



グリーンロード経由で稲武の信号を右折し274号を南下 大田口の「佐久間方面」の標識のある信号を左折し和市のバス停を過ぎた左側に東海自然歩道の標識と駐車スペースがある。