最近の山歩き




弥勒山 みろくさん (437m)
大谷山 おおたにやま (425m)
道樹山 どうじゅやま (429m) 愛知県春日井市(内々神社バス停)
2009-02-08 快晴     3名

GoogleMapによる出発地点
場 所 北 緯 東 経
弥勒山 35°18′54″ 137°03′53″
大谷山 35°18′32″ 137°03′59″
道樹山 35°18′24″ 137°04′19″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
弥勒山からの展望
今日も快晴にちかい晴れ渡ったよいお天気。この山も初めて行くのですが縦走コースなので電車利用で行くことにしました。登山口になる内津峠までは高蔵寺からバスで内々神社まで行き、そこから少し歩くことになる。

JR高蔵寺駅の地下連絡通路を通り名鉄バスの3番乗場から8時22分発に乗る。この内々神社行きのバス便は少なく休日は朝の8時台の一本を逃すと11時台までなし。 内々神社バス停から進行方向に少し行くと、左側に内々神社がある。境内で身支度し内津峠を目指す。

内津峠からは右に入り地球村の案内板の出ている方に舗装路を入ると巨大なコンクリート壁が立ちはだかっている所に出る。この壁に螺旋状の階段があり、それを登って上に出る。壁の上はゴミの最終処分場になっている。

処分場を過ぎるとようやく東海自然歩道に通じる緑に塗られた階段がある。階段を上がれば一気に雰囲気が変わり歩きやすい尾根道が続く。自然歩道なので少し急になると階段道となる。途中標識も多く、エスケープルートの分岐もいくつかあった。

弥勒山の山頂までは余り人に会うこともなかったが、弥勒山では大勢の人がいる。ここには展望の良い東屋があり、名古屋方面に展望が開けている。反対側は少し霞んでいたが雪をつけた御岳も見えていた。

写真タイトル
お堂のある道樹山
弥勒山を過ぎると大谷山に着く。ここも展望があり三角点もある。このコースはアップダウンを繰り返す道なので、平坦なわりに疲れがたまってくるようだ。

大谷山を過ぎると道樹山になるが手前に小さながあり道樹山にもお堂が建っていた。三角点は見当たらなかった。道樹山からもアップダウンを繰り返す道。道なりに進み檜峠で舗装林道に出るが、ここで500mほど林道を右に進む。木製橋を渡って自然歩道に入り、木漏れ日の射す道を淡々と下る。また舗装路に出るが、今度は左に行くと直ぐ右に入る自然歩道がある。

更に進んで行くと御嶽神社の横に出る。ここを下れば定光寺側の登山口に出られる。登山口から左に舗装路を行けばJR定光寺駅。駅から普通列車に乗るが暖かいシートに座り一気に浸かれと眠気が来た。

山も高くないし自然歩道だから大したことはないだろうと軽く見ていたが、距離とアップダウンのせいか心地よい全身疲労に包まれた。



JR高蔵寺駅北口3番バス乗り場から内々神社行きに乗る。