最近の山歩き




荒島岳 あらしまだけ (1524m) 福井県大野市(勝原スキー場)
2009-09-11 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
スキー場の駐車場 35°57′50″ 136°36′16″
荒島岳頂上 35°56′04″ 136°36′05″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
山頂にある新しい祠
国道158号線沿いにある勝原スキー場にはトイレのある広い駐車場がある。8時半頃に着いたが既に6台車が止まっていた。

駐車場からゲレンデに沿った急斜面を上ることになるが、上のリフト降り場まで日を遮るものが何も無いので一汗かくことになるが、先が長いので焦らずユックリと上る。

最初のリフト降り場を過ぎるとガレ道となり歩きにくい。2本目のリフトは壊されていて降り場付近にはリフト部品の一部が放置してあった。

ここから木陰の道となりホッとする。直ぐにシャクナゲ平まで2Kmの標識が出ている所を通過。少し急になると階段道となる。太い倒木をくぐり抜ける。

急な道にはロープやクサリがあるが掴まらなければならないほど急斜面ではない。途中「白山」と彫られた切り株と丸太のベンチがある。ここから白山がよく見える。

写真タイトル
山頂三角点付近
道はブナ林の中で気持ちがよい。急斜面になると歩幅や段差が合わない階段道が何度もあるのでジワジワと足にくる。急斜面を登りきるとシャクナゲ平という中出からの分岐に出る。以前来た時はここから小荒島岳や荒島岳が見えたような記憶があるが樹木が生い茂って展望はない。

シャクナゲ平から少し下りになる。佐開への分岐を過ぎると、いままで以上の急な登りが続く。下から見上げるとハシゴのように見える階段やクサリ場を過ぎるとピークに出る。ここでようやく荒島岳に続く尾根が見えてきた。

3つほどピークを越えると新しいのある山頂にでる。祠は新しいものに建て替えられていたし、反射板の鉄塔は撤去されていた。また、荒れた地肌の広がる山頂であったが既に枯れているものもあるが一面にお花畑のように色んな花が咲いている。

9年ぶりに訪れたが「花の**名山」としても紹介されるなるような気がする。



東海北陸自動車道・白鳥インター経由で国道158号に入り大野方面に向かう。途中勝原スキー場の標識が出ているので、そこで左に入るとスキー場の駐車場。