最近の山歩き




大川入山 おおかわいりやま (1907.7m) 長野県平谷村(治部坂峠)
2008-07-20 晴     4名

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
登山口の駐車場 35°21′14″ 137°39′59″
大川入山頂上 35°12′10″ 137°10′11″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
横岳三角点
連日猛暑が続いているが、ようやく梅雨も明けた。登山口の治部坂峠は海抜1000m以上ある。日差しは強いものの日陰は涼しい。今日は湿度も少なそうだ。

こまくさ」の看板の所から左折して登山口まで車で入る。既に先客の車が路上にたくさん停まっている。登山口から先の舗装路には鎖がかけられ通り抜けできないようになっていた。

路上のスペースに停め身支度して登り始める。前回来た時とほとんど様子は変わっていないようだ。右側に縁石のある荒れた道を登ると浄水場の横に出る。その先に橋の架かった谷川が流れている所を通過する。

唯一の水場であり今日のように暑い日には、下山時、顔を洗ったり体を拭いたりすると気持ちがよい。

ここからは根の張り出したやや急な尾根の登り。木々に遮られて日は余り差し込まないので助かるが、風が弱いので汗が噴き出す。

三角点のある横岳に着くが、前にあった木製のベンチや標識がなくなっていた。三角点を見落とすと山頂とは気がつかず単なる通過点のような場所である。

写真タイトル
大川入山頂上
ここからは道もやや平坦な所もあるが登り下りの尾根道。時々木々の間から望まれる大川入山を見ながら進む。最低鞍部辺りまでは木陰が多く、立ち止まれば下から吹き上げる冷たい風で汗が引く。

視界が開け周辺が笹原の道になると山頂も間近に見えるが、強い日差しを浴びながら坂を登り続けるのは少し苦痛である。

山頂には何組かの登山者がくつろいでいたが、みな木陰を求めて休んでいた。我々も日陰で休憩することにしたが、笹で風が遮られるので最初は涼しさを感じられなかったが、立ち上がったりして風を受けていると体の火照りもなくなり良い気分になる。

眼前には蛇峠山が見え、少し先に行った所からは恵那山らしき山も見えるが、だんだん雲がわいてきて雨が降ることはなかったが、黒い雨雲のようなものが天空を覆い始めた。

このコースは険しい所はないものの距離が長いので急ぐとばてそうになる。帰りも何度か小休止しながら下ってきた。



グリーンロード経由で153号。治部坂峠のトンネルを抜け「こまくさ」と看板の出ている所を左折し、突き当たりのT字路を右に曲がったところ。路肩に停める。