最近の山歩き




尾高山 おだかやま (529m) 三重県菰野町〔尾高観音駐車場〕
2008-04-04 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
尾高観音の駐車場 35°03′10″ 136°28′45″
尾高山頂上 35°03′23″ 136°27′59″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
尾高山
前々回、初めて尾高山に登ったのですが、往路の洗谷コースを林道終点の取り付きを入って最初から道を間違え、正規のルートを外してしまいました。

踏み跡が薄いので下ばかり注意して歩いていたのと、椿の赤い花をマーカと見間違えて、よく確認もせずに道らしきものが続いていたので何の疑いもなく水の流れる谷まで入り込んでしまい、急斜面を登って山頂に出ました。

実際には他のコースと違い、赤いテープが木々に数多く付けられていて上を向いて歩いておればコースを間違えることもなかったのです。

今日は用があり一日山歩きに費やすことが出来ないので、GPSの位置がおかしいのと洗谷コースを確認するために再度尾高山に行ってきました。

前回の尾高山では帰路、洗谷コースへの分岐があったので、逆回りしてそのコースを下ることにし、今日は尾高観音裏手から続く、行者コースを往路にすることに。

前回と同じ所に車を停めて、尾高観音に向かう。尾高観音参道入り口の左側に「朝明けの道」というのに入ったが、コースは観音堂の横から登るようになっているので、参道を通ったほうが近道。

行者コースは登山者が多いのか、道ははっきりしているがえぐられてU字状になっている所も多い。見晴コースより変化があっていい。

写真タイトル
今回のGPS軌跡

見晴コースと合流し、しばらく行くと洗谷コースの分岐がある。展望台のある山頂に着く。GPSを確認するとアレッ!、正規の地形図の山頂に近い所を示している。前回の位置情報は何だったんでしょう。GPSの不具合か一時的に衛生の精度が落ちたのか?

前回も林道や舗装路は正確な位置を示しているし、山頂は天空が開けているので特に感度が落ちる条件でもない。地形図が間違っているわけではないことが分かったが、何故前回は違う位置を示していたのか、よく分からないままである。

帰路は分岐まで戻り洗谷コースに入る。道は往路に比べると分かりにくい所もあるものの、コース上の木々には赤いテープが沢山付いている。これを追ってアッサリと林道終点の取り付きに出てしまった。

前回林道取り付きにある標識と赤テープは確認したものの、その後はテープが付いていることに全く気がつかなかった。しかし、ズーッと赤いテープが木に巻かれていて上さえ見ていればコースを外すことはなかった。

下ばかりみて歩き、途中道の脇に石組みされた所もあったので、疑うこともなくドンドン奥に進みまったく違う方向に行ってしまったようです。

しかし、地形図から軌跡を見てみると、洗谷の谷コースというより最初から尾根に取り付いている。これも洗谷という谷という言葉に錯覚してしまった要因かもしれない。2万5千分の1地形図では、洗谷コースの取り付きから谷に入る道になっていて、後半歩いた軌跡に一致している。林道終点には別荘風の家がいくつか建っていたが、地形図ではそれより手前から道が続いている。どうも一部道が付け替えられたような気がする。

行者コース、洗谷コース共に私には良いコースに思えた。ただ歩く時間が短いのが惜しまれる。



木曽三川経由で大安まで行き、信号左折して南下。尾高高原の案内板が出ている所を右折して道なりに進むと、尾高観音手前の駐車場に出る。