最近の山歩き




尾高山 おだかやま (529m) 三重県菰野町〔尾高観音駐車場〕
2008-03-21 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
尾高観音の駐車場 35°03′10″ 136°28′45″
尾高山頂上 35°03′24″ 136°28′03″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
尾高観音
今日は午後から用があるので、短時間で往復できそうな所に行ってきました。

尾高山はまだ登ったことがないのですが、10年以上前のガイドブック「隠れた名山64」に紹介されているコースです。ガイドブックの写真や地形図を見ると、開けた場所のように感じて余り行きたいと思っていませんでした。

脚の調子が悪いので楽そうなコースを最近は選んでいるのですが、また登山道を外し道なき急斜面の登りとなってしまいました。

大安から国道306を南下し、尾高高原への標識が出ている所を西に入り、道なりに進んで行くと尾高観音手前の広い駐車場に出る。

駐車場からガイドブック通りに舗装路を北に進む、途中から左に入らなければいけないが新しい舗装路が続いていたので知らずに少し行ってしまう。分岐から左に入り直ぐ右に曲がり北に進む。

尾高キンダーハイム」と看板が出ている所で左に曲がる。後は真っすぐの舗装路を西に行くと行き止まりとなり、電柱の所に「洗谷コース」の案内板が出ている。

写真タイトル
山頂
ここから山道に取り付く。最初はハッキリした道であったが、どこかで道を踏み外したのか分かり辛い状態になってきた。余り人が入らないからこんなものだろうと安易な気持ちで進んで行くと水の流れる谷に出る。

この辺りは完全に道がなくなっていたが、山頂方向はGPSで分かっていたし標高も低いので何とかなるだろうと上を目指すものの急でなかなか前に進めない。私の脚でも何とかなりそうな角度で右左に方向を変えながら上り詰めると正規の登山道らしき所に出た。

後から確認すると正規のルートより北側を彷徨っていたようだ。どれが洗谷か分からないので違う谷筋に入ってしまったらしい。ともかくハッキリした道に出たのでホッとしながら行くと、直ぐに展望台の建っている山頂に着く。

しかしながらGPSの位置とは微妙にズレている。山頂標識には529mとあったが、ガイドブックや地形図は533mとなっている。だから別にピークがあるものと近くを探してみたが良く分からなかった。

山頂で会った一日おきに登っているという人に尋ねたら、ここが山頂に間違いないという。4mの違いと地形図とGPSの位置が違うのがすごく気になるが、これも次回の宿題として見晴コースを下ってきた。

林道に出た所で、林道を少し戻ると「魚止めの滝」があるということなので寄ってみた。今日の天気でも少し汗ばむので、一息入れるには良い所である。

未舗装の林道から舗装路に出て、駐車場に戻る舗装路の手前に「東海自然歩道」の道があったので、そちらに入る。これは尾高観音への近道になっている。尾高観音の横に出るが、尾高観音の正面の道を行くと駐車場の前に出る。

尾高山の山頂は展望が良い。視界は石津御岳に似た感じで東側に開けている。名古屋のツインタワーも見えるということであるが、今日は霞んで確認できず。西側は釈迦ヶ岳が眼前に壁のごとく見える。



木曽三川経由で大安まで行き、信号左折して南下。尾高高原の案内板が出ている所を右折して道なりに進むと、尾高観音手前の駐車場に出る。