最近の山歩き




石津御岳 いしづおんたけ (629.4m) 岐阜県海津町(石津)
2008-02-01 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
駐車場 35°10′55″ 136°37′11″
石津御岳頂上 35°10′30″ 136°36′20″
データは世界測地系(WGS84)です


地図
登山コース

写真タイトル
信仰の山
脚の調子が悪いので山歩きをしばらく自重していたが一向に良くならず小康状態。これ以上休んでいても変わりそうもないので出かけることにしました。しばらく歩いていないので短時間で切り上げてきました。

木曽三川から国道258を北上し石津駅付近の点滅信号で左折。分かり難いが、左側には墓石が並ぶ墓地になっている。道なりに進むと石柱の立っている左側に広い駐車場がある。

久しぶりなので大事なストックを忘れて来た。早めに落ちていた枝を杖代わりに確保する。 石柱左側の舗装された道を行くと鳥居のある所に出る。鳥居をくぐり階段状の道を上がり右に折れる。直ぐに一合目の標識の所に出る。

道はそれほど急ではないが階段状になっているところが多い。二合目、三合目と五合目まで標識が出ていた。四合目には立派な展望台があり、東側の展望が良い。

この山は南北に連なっているので東斜面を登るコースは北西の風は遮られて無風状態。少し汗ばむくらいで歩くことが出来る。

写真タイトル
山頂三角点前
五合目辺りまで広い道が続いたが、「御獄参道」の案内板が出ている所から少し道が狭くなる。狭いといっても比較してのことで他の山道に比べれば充分広い。

常緑樹と植林の境に道はつけられており、道なりに登っていくと通過点のような石津御岳の三角点前に出る。展望は全くない。

少し先に進むと雨戸などが全部閉められた寺のような神社のような建物がある。ここで道は二手に分かれ左に行けば多度山、右は田代越えから昨年歩いた飯盛山に行ける。

右に入ったら神社らしき建物があった。ここから少し下るように道が続いている。この辺りに来ると遮るものがないので冷たい風が吹き付けて、一気に体が冷えてくる。登ったり下ったりの道は不安があるので少し物足りないが戻ることにした。

やはり下りは足下がおぼつかない。階段の段差の大きい所は膝下がギクッと来る。杖を確保しておいて助かった。



木曽三川経由で国道258を北上。分かり難いが左角に墓石の並ぶ墓地のある点滅信号を左に入る。
道なりに進むと、「左御獄道」とある石柱のある所に出る。ここの左側に広い駐車場がある。