最近の山歩き




猿投山 さなげやま (629m) 愛知県豊田市(猿投神社奥)
2007-01-12 晴     単独

GoogleMapによる駐車地点
場 所 北 緯 東 経
トロミル水車小屋の駐車場 35°10′42″ 137°10′41″
猿投山頂上 35°12′09″ 137°10′11″
データは日本測地系(Tokyo)です


地図
登山コース

写真タイトル
休憩小屋
前回歩いた時は、猿投神社裏手の駐車場から東の宮経由で登り西の宮に下って同じ道を戻ってきた。今回は逆回りに歩いてみることにした。少しだけショートカットしてトロミル水車小屋のある辺りまで車で入る。ここから鋪装路を歩く。お倉岩を過ぎると御門杉のある遊歩道の分岐に出る。

東海自然歩道=階段道ということで、ここから階段状の道が続く。前に来た時は未舗装だったが鋪装された道に出る。半分開いていたがゲートがあった。

道路を横切り、また階段道を登って行くと立派な休憩舎に出る。ここも新しくなったような気がするが、木々に遮られて展望は余り良くない。東西宮の分岐を通過するが西の宮方向に進む。

二度目の舗装路に出て左から回り込むように道路を少し歩くと西の宮への鳥居のある登り口に着く。階段を登り切ると無人の立派ながある。社の右手から道が続いており御船石という巨岩を見ながら東の宮からの道と合流。合流地点から直ぐ東の宮に出る

なだらかな道が続くが少しばかり積雪を見るようになる。山頂付近も僅かに雪が残っているが踏みつけられて凍結状態。気温が低いと滑るので要注意。

写真タイトル
山頂
意識したわけでもないが前回と同じ1月12日。山頂の積雪も同じようだったが、今日は無風状態なので防寒具がなくても寒くない。歩いている時は汗ばむほどである。

帰りは東の宮に下ってきたが、道路に出た所に「展望台」の標識が出ていたので、ちょっと寄ってみることにした。舗装路を行くと左手に展望台に続く階段道がある。案内に225段とある。登り切ると展望台のある広場に出る。ベンチも二つほど置いてある。

展望台にあがってみたが、遠方が霞んでいるせいもあるが見える景色はそれなりで、登山者がわざわざ寄り道するほどでもないと感じた。展望台まで来てしまったので戻るのも億劫になり舗装路を帰ることにした。

舗装路は足裏の衝撃が強いので嫌だが、路肩の未舗装部分にかなりの落ち葉が堆積しており、その上を歩くとふかふかとして気持がよい。出来るだけ落ち葉の上を歩くようにしたが、さすが単調な道に後半飽きてきた。

ここは道幅も広く整備されているので山歩きには少し物足りなさもあるが、天気さえ良ければ、スニーカーで歩く方が似合いそうなコースである。



グリーンロード猿投インターを出て、すぐ左折し道なりに進むと、猿投神社の正面に出る。神社右側の道に入ると、直ぐに神社の駐車場があるが、もう少し先にトイレ付きの広い駐車場がある。今回はトロミル水車小屋あたりまで入った。
2〜3台程度なら道路途中に何ケ所か停められそうな場所あり。