最近の山歩き




竜王山 りゅうおうさん (826.8m)
綿向山 わたむきやま (1110m) 滋賀県東近江市日野町(水木林道)
2006-10-15 晴     5名

場 所 北 緯 東 経
水木林道の駐車場 35°00′59″ 136°19′24″
竜王山頂上 35°01′14″ 136°19′33″
綿向山頂上 35°00′38″ 136°20′41″
データは日本測地系(Tokyo)です
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
雨乞岳分岐付近より見る綿向山
昨年の11月に綿向山から竜王山に向かって歩きました。今回は逆に竜王山から綿向山に縦走するというので、いつものグループに参加することになりました。

西明寺を右折し水木林道に入る。途中から未舗装になる。単独ならウォーミングアップになるので、手前に停めて歩くが登山口近くまで入った。登山口の前は道幅がないので、更に進行方向に進んで広くなっている路肩に停める。この先は通行注意を促す看板と簡単なゲートがある。

竜王山の登山口からは、いきなりの急登。ジクザグにつけられた道をひたすら登る。山頂から500mの所で小休止。似たような急斜面を登り最後は階段状の道を上り詰めると竜王山である。前回は下りに使ったので、さほど気にもならなかったが体が温まる前の急斜面なので脚に堪える。

竜王山からは樹林帯の縦走となる。途中送電鉄塔が二基建っている見晴らしの良い所に出るが、あいにくガスがかかり展望は望めない。いくつかのピークを越えていくので、ジワジワと脚に疲れがくる。

写真タイトル
綿向山頂
917mピークを過ぎると視界も開けるが、また大下りして急な道を登り返し雨乞岳への分岐に着く。しばらくは綿向山の山頂を見ながらの穏やかな道、その後少し急な登りで綿向山に着く。綿向山には何組かのハイカーがいた。

綿向山からは表参道を五合目まで下り。ここから獣害から幼木を守るためのフェンスが張ってある方に入り、薄暗い植林帯の中を下って水木林道に出た。ここで林道は止まっている。 林道の分岐の所で橋を渡り駐車地点まで戻る。

今回の時計回りは、体が温まらないうちの急登なので体の負担が少し大きいように感じた。綿向山に登ってから竜王をめざす方が楽なような気がする。



鈴鹿スカイライン経由で北畑の信号を右折する。西明寺の前を右折し水木林道に入る。登山口付近には停められないので、少し先に進み道幅の広くなっている辺りの路肩に停める。