最近の山歩き




鎌ヶ岳 かまがたけ (1161m) 滋賀県甲賀市(武平峠)
2006-09-15 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
武平峠の駐車場 35°00′23″ 136°25′04″
鎌ヶ岳頂上 34°59′53″ 136°25′27″
データは日本測地系(Tokyo)です
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
登山道途中から見る鎌ヶ岳
 最初は三ツ口谷から登り武平峠に下る半日コースを予定してたのですが、車を停める所を間違え三ツ口谷の取付を探すことができず、武平峠からの往復になってしまいました。

 三ツ口谷からは以前に登ったことがあるので気楽に構えていたが、スッカリ記憶が途絶えている。取付が見つけられず。木に赤で丸印の付いている所から薄いふみ跡が分岐していてテープもあったので堰堤のある沢を対岸に渡るもテープも踏み跡もなくなり右往左往しているうちに一時間半ほど時間が過ぎてしまった。

 これ以上探していては半日では済まなくなるので、武平峠往復に変更することにした。

 三ツ口谷の取付を探すのに一汗かいたあとなので、トンネル横から続く急な道に、最初から汗が吹き出す。トンネルの上に出て右の方に巻いていくと直ぐに武平峠に出る。

 ここからいくつかアップダウンを繰り返しながら登って行く。道は平たんな所もあるが、岩場ザレた急斜面で歩きにくい。途中から見る鎌ヶ岳は反対側ほどではないが、崩壊して地肌が見えている。

山頂のケルン
山頂のケルン
 山頂直下には三ツ口谷からの分岐標識が出ていたが、前に来た時は、途中から巻道で直接山頂に着いた(朧げな記憶である)。

 ガレ道を過ぎると急な岩場の登りである。岩場といっても砂礫の滑りやすい急斜面なので足下が不安定。クサリやロープに助けられて登る。

 山頂より奥に鎌尾根など見晴しのよい所があるので、そこで休憩することにしたが、あいにくガスが上がってきて展望は良くなかった。

 今日のお天気は周辺部は晴れているものの急に曇ってきたりしてハッキリしない。風もあまりなかったが、それほど暑くもなかった。

 最初はP1の駐車場に停めたのですが、帰りの車中から標識らしきものが見えたので、降りて見に行くと三ツ口谷への取り付きでした。どうして先にこれが目に入らなかったのか不思議でなりません。時間的に少々物足りなさも感じましたが、帰りに三ツ口谷への取付も見つけ、次回へのつなぎができました。



名阪四日市ICより鈴鹿スカイラインを通って武平トンネルを出た左側の駐車場