最近の山歩き




鳩ヶ峰 はとがみね (710m) 三重県鈴鹿市(小岐須渓谷一の谷)
2006-11-17 晴     単独

GoogleMapによる鳩ヶ峰山頂付近
場 所 北 緯 東 経
キャンプ場の駐車場 34°57′12″ 136°26′11″
鳩ヶ峰頂上 34°56′32″ 136°26′01″
データは日本測地系(Tokyo)です


地図
登山コース

写真タイトル
尾根分岐の標識
2週間前に野登山へ行った時、尾根分岐(No6通報ポイント)の反対方向に鳩ヶ峰の標識が出ていた。野登山の国見ひろばから見る鳩ヶ峰はピークが二つある双耳峰のように見え端正な姿をしている。地形図に山名が乗っていないしガイドブックに紹介されたものも見たことがない。正規の通報ポイントに書かれているので、個人が付けた山名でもなさそうである。

何となく気になるので再度一ノ谷を歩いてきました。前回は途中から谷を間違えてしまいましたが、スムースに尾根分岐まで着いてしまう。2週間前は新緑のような葉ばかりで紅葉は望めないと書いたが、冷え込みのせいか黄色く色づいた葉が目立つようになっていた。

尾根から野登山とは反対方向に進む。最初はシダなど下草や倒木で分かりにくく、とても入る気にならないが道らしきものが続いている。直ぐに下草もなくなり植林帯の中を進む。眼前のピークに向かって進めばいいのだが幾筋もの道が出来ている。

写真タイトル
鳩ヶ峰頂上
歩きやすい楽な方を進むと山腹を巻くようなコースになってしまった。道はそのまま続いていたが最初のピーク下辺りから上に向かう。あまり急ではないので直登できる。

少し下って登り返せば鳩ヶ峰に着くが、途中の植林帯とは違い雑木の生い茂る雰囲気の良い所である。展望もあり伊勢湾も眼前に展開している。眼下に近くのゴルフ場なども見えているが、その左手前には採石場となって山が削り取られている所が目に入る。

山頂から先もなだらかな尾根道が続いているようなので少し入ってみた。意外にも登ってきた道より分かりやすく歩きやすい道。途中で二手に道が分かれていたが、地形図で確認すると一方は採石場の方に他方は石大神方面に続いているよう思える。いずれにしても次回の課題として残しておくことにした。

岐路は同じ道を戻るのは難しく山頂付近はなだらかな斜面でいく筋も道が出来ているので迷いやすい。眼前の反射鉄塔のある野登山方向に進めば、尾根分岐の所に出る。ついでに登る程度の山かと思っていたが、展望も良く野登山より雰囲気のある山でした。



名阪・鈴鹿インターを出て信号右折。道なりに進み突き当たり一つ手前の小岐須方面の標識が出ている所を左折。