最近の山歩き




旗 山 はたやま (650m) 三重県伊賀市(奥余野自然公園)
2006-03-03 曇・雪     単独

場 所 北 緯 東 経
奥余野自然公園の駐車場 34°51′40″ 136°16′19″
旗山頂上 34°51′03″ 136°16′40″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
不動滝への道
 春の兆しが少しずつ見えてきました。旗山は鈴鹿の最南端の山、雪などないだろうと出かけたのですが・・・。昨夜降ったのだろうか、名阪から見る山並みは白い。余野公園から続く舗装林道の上にもうっすらと雪化粧。

 奥余野森林公園の駐車場まで車ではいる。林道を進めば油日岳の登山口に至る。駐車場にあるトイレの横からゾロ峠に向かう。ゾロ峠を右に向いそのまま進めば旗山であるが2万5千分の1地形図には不動滝付近から道らしきものが付いているので、そちらから登り周遊する予定である。

 ゾロ峠から不動滝には向かう。急斜面は階段状になっているが雪が付いていて足下が不安定。道はどんどん下りになっている。途中から沢の流れを見ながらの道になり何度も渡り返す。なかなか風情のあるコースである。

 不動滝手前の橋の所から畑山方向に道らしきものがついていたので、入ってみたが途中から崩れており先がどうなっているのか全く分からない状態なのであきらめて戻ることにした。他に分岐らしい道を見つからないのでゾロ峠まで登り返す。

 久しぶりの歩きと下ってからの登りでかなり足にきた。ゾロ峠から雪の付いた急斜面をまた登ることになる。尾根を回り込むと送電鉄塔の建つ旗山が前方に見える。

写真タイトル
山頂三角点付近
 周辺部は晴ているが雪雲の通り道なのか山周辺は黒い雲に覆われ山頂が霞んで遠くに見える。雪もちらつき始めた。山頂に着く頃は吹雪状態。以前来た時は山頂を示すプレートなどあったが、何も見つけられなかった。薄暗く雪まじりの強い風が吹き付けるので休憩する気にもなれない。

 直ぐに下山することにした。帰りは同じ道でなく、三角点前から送電鉄塔の巡視路らしい急斜面を下ることにした。前は鉄塔目指してくだったが、今回は尾根をダイレクトに下る。時々テープなどみられるので利用している人たちがいるのだろう。

 平坦になったり急斜面になったりしながら下るがハッキリした道ではない。尾根を下りきると舗装路に出る。ここにも赤いテープが付いていたが、下りきった所も急斜面の端なので、ここから登れるとは気づかないだろう。

 舗装路は東海自然歩道の一部になっている。道になり行くと、余野公園からの道と合流する。駐車地点に戻った頃には雪もひどくなってきたが気温が高いのか積もるようなことはなかった。

 雪のない所を求めて来たのに、またもや予想外れ。早く暖かくなってほしいものだ。



 名阪国道、上柘植インターを出て右折。道なりに進み上柘植を過ぎ水口方面に進むと、右手に余野公園がある。公園内に入り突き当たりを左折して鋪装された細い林道を行くと、トイレのある広い駐車場に出る。