最近の山歩き




大洞山 おおぼらやま (1034.6m) 岐阜県郡上市和良町鹿倉(大月公園)
2005-04-15 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
大月公園の駐車場 35°46′38″ 137°03′29″
大洞山頂上 35°47′01″ 137°02′36″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
手前ピークから見る大洞山
前回と同名の大洞山。今回は岐阜県の和良町鹿倉にある大月公園からのコースです。この山を知ったのは「続・山旅徹底ガイド」というガイドブックであるが、ずいぶん前に購入したものだ。ただし地形図に山名は載っていない。

この本での調査記録は1994年11月となっているが、当時はアプローチの林道が途中2〜300mの間荒れていて普通車では通れず、林道歩きだけで往復約5時間要すると書いてある。山歩きそのものは往復で2時間半。興味はあったものの躊躇していました。

インターネットを見ると登山口近くに大月公園というのが出来て道も整備されているらしいことが書かれてあるので、行ってみることにした。

大月公園というのはキャンプ場?のような感じで新しいロッジ風の建物がいくつか建っていた。道路の鋪装も新しい。まだ先まで車で入れるが周遊するつもりなので案内版のある所から少し進んだ所に車を停める

駐車地点から舗装路を行くと直ぐにY字状に道が別れる。ここに大洞山の案内板が出ているが両方向に矢印が付いている。向かって左の道に入り時計周りで歩くことにした。舗装路の終点にも大洞山の標識が出ている。道の終点は広くなっているがUターン用のスペースも兼ねているので余り車は停められない。

舗装路が終わると谷に沿った道になる。道は付けられているが岩がゴロゴロして歩きにくい。途中谷が二手に別れるが左に進む。谷道から急峻な山腹に取付く。階段状に整備されているものの急で高度感があり足がすくむ。ジクザクに登った後は支尾根となるが、これも急で直登である。

写真タイトル
大洞山頂上
登りきると地形図にある916mピークに着く。丸太材を並べただけのベンチがある。ここから右に進むが左からも道が登ってきている。こちらのコースは山頂まで標識もテープもないので逆廻りは注意が必要。

アップダウンのある尾根道である。急斜面もあるが長く続かないので、それほど疲労感もない。地形図に記載されている986mピークを通過するが、ここにも丸太材の簡単なベンチが置いてあるだけで標識などはなにもない。

大洞山の手前のピークからシルエットのように山頂が見えてきた。最後の階段道を登りきるとようやく山頂。山頂は整地されていて小広場のようになっている。やや霞んでいるが天気が良いので展望は良い。

ユックリ休憩後、下山する。北に続く道を400mほど下ると分岐になる。分岐から右に下るが道は真直ぐにも続いている。こちらのコースは木々にテープなど付いている所が多いので注意していれば間違えることはないだろう。

分岐から下りきると、こちらも谷道にでる。登山道が終わると未舗装の林道にでる。こちらは林道終点が広くなっているので駐車できるが、途中土砂崩れの所があるので現在ここまで普通車では入れない。途中から舗装路になり往路の分岐に出る。

大月公園はおろか登山道でも誰にも会わない静かな山でした。落葉樹が多いので秋に来ると良さそう。



41号飛騨金山から256号に入り郡上八幡方面に向かう。途中「鹿倉」への分岐標識が出ている所で右折。道なりに進むと、「大月公園・大洞山」の標識が分岐ごとに出ているので、それに従い公園まで入る。