最近の山歩き




大洞山 おおぼらやま (985.1m)
尼ヶ岳(伊賀富士) あまがたけ (957.6m)  三重県美杉村(下出)
2004-04-10 曇     4名

場 所 北 緯 東 経
登山口の駐車場 34°31′29″ 136°13′18″
大洞山頂上 34°31′49″ 136°13′16″
尼ヶ岳頂上 34°33′15″ 136°13′21″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
大洞山(雌岳)から雄岳方面
前に登ったことのある三多気キャンプ場から歩く予定で出かけたのですが、「丸八」という酒屋と郵便局が右手に立ち並ぶ信号で左折。標識に従い道なりに進み登山口に着く。駐車スペースはなく、少し進んだ広くなった場所に停める。

ここは三多気からのコースの途中、少しショートカットしたことになる。 登山口取付きから階段状の急な登りが続く。急斜面は山頂直下まで続く。最初から急な登りなので息があがる。山頂に近づくとようやく道も緩やかになる。最初は三角点のある雌岳。

今日は天気がハッキリせず、周辺はガスがかかったりして眼前の倶留尊山などの山並も良く見えない。これから向かう雄岳もしばらく待機していてようやくガスの切れ目から見えだした。

雌岳から少し下って登り返すと雄岳に着く。三角点はないが、こちらの方が標高は高い。以前来た時より展望が開けているように感じた。

雄岳から一度大きく下る。未舗装の林道と平行して歩く所を過ぎると「四の峰」894mとプレートの出ているピークがある。いくつか登り返すようなコースなので見落としたか、他にもニの峰や三の峰という名前のピークがあるのかもしれない。

写真タイトル
尼ヶ岳
一度鋪装された道に出るが、反対側に取付きがある。ここからも急な直登が続く。急な登山道に反して尼ヶ岳の山頂は広々している。別名伊賀富士という名前が付いているので周辺から眺めると優しい山姿をしているのだろう。

ここで昼食にしたのだが、夕方から天気が崩れるという予報だったのに雨がポツポツと落ちてきた。慌ててかけ込み帰り支度をするが、通り雨のようで直ぐにおさまってしまった。

帰りは前回と同じく大洞山には登らず東側の山腹を巻いている東海自然歩道を戻ることにした。苔むした石畳みの道で歩きやすい。

後半の舗装路歩きは長かったような記憶があるので、舗装路を逆に大洞山の方に戻り道路終点から山道に入って駐車地点に戻った。しかし、この道も正規の道ではなかった。最初は道もあったがイバラが生い茂り歩き辛いので道を外し、尾根に添って下った。

アップダウンのある急斜面のコース。帰宅しても足の裏がジーンと痺れたような感じが残っている。



名阪国道・上野インターから368号を南下。右手に「丸八」とある酒屋と郵便局が並ぶ信号で左折。大洞山への標識に従い道なりに進む。
登山口前は駐車スペースなし。少し進んだ路肩の広くなっている所に停める。