最近の山歩き




御 岳 おんたけ (3067m) 長野県王滝村(田の原)
2005-07-24 にわか雨     5名

場 所 北 緯 東 経
田の原駐車場 35°52′12″ 137°30′22″
王滝頂上 35°53′07″ 137°29′08″
剣が峰頂上 35°53′23″ 137°29′01″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
王滝頂上
いつものグループに誘われて御岳へ行くことに。出発が独りで出かけるときより早いが、運転お任せなので気楽です。

天気が微妙ですが北に行くほど良さそうなので出かけることになりました。中央道を走る頃には雨が降り出しました。しかし、登山口の田の原は雨が降った形跡もありません。ただガスが出て視界は余りよくない。

8時半頃着きましたが駐車場はほぼ満杯。空きスペースを見つけて駐車し身支度をする。駐車場周辺には信者サンらしき白装束の人たちが大勢行き来している。

今日は登山目的の人より御岳信仰の信者サンたちの方が多い山登りでした。予想外だったのは年輩者ばかりでなく白装束の若い人たちも目立ちました。信者の世代交代を感じます。

田の原からの道は最初平坦な歩きやすい道が続く。周辺には遊歩道なども作られている。信仰の山らしく道中には社や仏像など祀られ独特の雰囲気を醸し出している。

平坦な道が終わると階段状の道となる。周辺がハイマツになる頃にはガレた岩場になってくる。八合目九合目には小さな避難小屋があるが、周辺には石像などもあり、大勢の信者サンが集まっていたりするので気楽に登山していることが場違いのような気になる。

時々山頂方面も見え隠れするがガスが出ているので展望はよくない。八合目辺りの谷には残雪が雪渓となって少し残っている。スプーンカットされた模様が綺麗だ。

写真タイトル
剣が峰山頂
九合目辺りに「お助け水」と呼ばれる水場があるが、ほどんど出てなくてポタリ・ポタリと一滴ずつ落ちているような状態。利用している人もほとんどいない。

足場の悪い岩場を登りおえると王滝山頂に着く。ここから少しの間平坦な道のあと、ガレ場の続く急な登りで御岳の最高峰、剣が峰に着く。山頂は広いスペースを石像や社が占めており、三角点や標柱は縁の方に追いやられているような感じだ。

ここも大勢の人たちが集まっており、登山者は三角点周辺に座り込んでいる。夏でも寒いと歌われる御岳、さすがに涼しい。ジッとしていると寒くなってくる。

弁当を食べ始めたらポツリポツリと降り出した。大した降りではないので傘をさし王滝山頂まで戻る。雨足が急に強くなってきたので慌てて雨具を着込む。久しぶりの雨具着用だが冷えているので暖かく丁度よい感じ。

下山中、雨も止んできた。途端に蒸し暑さを感じ雨具は脱ぎ傘だけはいつでもさせるようにして下ってきた。駐車場まで降られることはなかったが局所的な雨のようだった。

御岳は森林限界となる山。晴れていれば強い日差しを浴びることになる。 僅かばかり雨に降られたが曇り空で歩きやすかった。しかし、この時期、御岳は人が多い。



中津川インターから国道19号を進み、御岳方面に左折。御岳スキー場方面に向かい、林道終点の田の原まで入る。