最近の山歩き




市 島 いちしま (1082.2m) 岐阜県郡上市和良町鹿倉(大月公園)
2005-04-22 晴一時雨     単独

場 所 北 緯 東 経
林道途中の駐車場 35°46′53″ 137°03′06″
市島頂上 35°48′17″ 137°02′56″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
林道から尾根に出る笹原
先週大洞山からの帰り道、尾根分岐から市島方面へ道が続いていた。ガイドブックなどにはヤブで尾根伝いは難しいようなことが書いてあったが、状況が変ったかもしれないと、行ってみることにした。

同じ道を戻る予定なので、土砂崩れのある手前まで車を乗り入れた。しかし結果的に周遊コースとなってしまった。いずれにしても未舗装部分は悪路なので、大月公園周辺に駐車したほうが良い。

未舗装林道終点は広くなっているので、土砂が取り除かれたら、ここまで車で入れないことはないが道は荒れ気味。ここには大洞山の案内標識が出ている。

テープが付いているので間違えることはないが沢沿いに進み鋭角に山腹に取付く。急な斜面は階段状になっているが歩きやすい道が続く。

尾根分岐から大洞山とは反対に右折。最初は低い笹原の道が続くが途中から綺麗に刈り取られていて気持の良い尾根歩き。右手にはカワラ谷から続く林道が山腹を横切っているのか見える。笹原の辺りには目印のテープも出ていたが、そのうちにテープも見当たらなくなった。

最初のピークを過ぎ二つ目のピークに差し掛かると急斜面の登りとなる。この辺りから踏み跡は荒れ気味。山腹を巻いてピークをエスケープするような踏み跡もある。ピークから雑木の激ヤブになる。尾根で道らしきものが続いているので進んでいったが、どうも前方に見える山が違うようだ。ヤブ漕ぎに気を取られ地形図を確認してなかったが、これは大洞山の西にある京塚山に向かっているようだった。

写真タイトル
市島山頂
ピークまで戻り、市島への踏み跡を探したがいずれも激ヤブに突入しなければならない。低雑木の枝がからみあい行く手を阻む。このピークに来る前、近くを林道が走っていたので林道経由で行った方が楽そうだと思い。ピークを下り鞍部から林道に下りた

林道歩きは単調だが早い。直ぐに市島直下の取付きに着いた。取付きにはテープが付いている。ここから笹の生い茂る斜面を尾根まで登る。笹原であることと踏み跡が薄いので適当に尾根を目指す。

尾根に出ると獣害から樹木を守る為かフェンスが尾根沿いに張ってある。下からくぐり抜けられる。フェンスに沿って急な斜面を登る。途中でフェンスは右に曲るが真直ぐ進む。この辺りもテープが出ているので注意していれば間違えることはない。

山頂かと間違えるピークを二つほど過ぎると三角点のある市島に着いた。少し遅めの昼食をとる。帰りは尾根沿いに戻るつもりでいたが、ハッキリした道が付いてないようなので、往路のコースにしようと下山する。

ところが、晴ていた天気も急に怪しくなり冷たい強風とともに一瞬雪も降ってきた。そのうち雨に変り慌てて傘を取出す。雨の中、尾根に戻るのは大変そうなので、駐車地点まで遠くなるがカワラ谷林道を下ることにした。

この林道は未舗装で落石も多い。途中ゲートがあったが開いていた。ゲート横の看板には「一般車は通行禁止」になっていた。この林道もあまり良い状態ではないので、車で入り込まない方が無難。

カワラ谷林道を出て舗装路の上り坂を大月公園に向かい駐車地点まで戻る。



41号飛騨金山から256号に入り郡上八幡方面に向かう。途中「鹿倉」への分岐標識が出ている所で右折。道なりに進むと、「大月公園・大洞山」の標識が分岐ごとに出ているので、それに従い公園まで入る。
今回は公園奥の分岐を右に入り未舗装林道途中まで入ったが、無理に入らず公園周辺のスペースに止めた方が良い。