最近の山歩き




焼 山 (敗退) やけやま (1709.2m) 岐阜県中津川市(黒井沢)
2004-05-14 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
黒井沢の駐車場 35°24′13″ 137°36′07″
焼山頂上 35°04′02″ 137°34′02″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
恵那山登山口の広い駐車場
黒井沢の駐車場は恵那山登山口にもなっている。焼山には更に続く道を車で入れそうだが様子が分からないので、ここに停めて歩くことにした。林道は途中まで舗装されているが、あとは地道となる。

途中古いゲートがあり開いていた。その先に新しいゲートがあって、こちらは閉まっている。車はここまで入ることが出来る。ゲートから先は、たとえ開いていたとしても直ぐに道は崩壊状態となり車での走行は不可能。完全に崩れ落ちて原型をとどめていない所もある。

林道の左側に小屋が見える反対側に焼山登山口の標識が出ているので、ここから山道に取り付く。道は最初から笹藪こぎとなる。道らしいものは付いているが余り人が入らないのか、道の上にも笹が伸びてきており、両側の笹が複雑に絡み覆い被さっているのでかき分けながらの歩きを強いられる。しかも、急な登り道で笹が逆目に倒れ込んでいるので歩きにくい。

笹は背丈を越える。道はだんだん狭くなり笹がなぎ倒されている所もあるのでコースがますます分かりにくくなってくる。なんとか道らしき所を追い進むが、深い藪こぎの連続である。

獣道か人が歩いた後か、あちこちに笹がなぎ倒されたあとが増えてくる。何処かで見落としたのか、ついには道らしいものは無くなり道なき道の藪こぎ。足下の笹が足にからみつき疲れが増してくる。

写真タイトル
右奥が焼山
大きな倒木があったので登ってみると笹の向こうには山頂が間近に見えた。ほとんど水平の稜線歩きのように見える。しかし、ずーっと笹藪が続いているようで道らしい切れ目も見あたらない。

登山口から現在位置まで予想外の2時間ちかく要した。ここから山頂往復するには同じょうな道なき藪こぎなら4時間ほどかかるだろう。時間的にギリギリだし、藪こぎの疲れでいいかげんうんざり。今回は、これで引き返すことにした。

下山中、足下でゴソゴソ動くものがいた。よく見ると子犬ほどの小熊だった。グレーの毛並みでぬいぐるみのような可愛い顔をしている。人間を恐れていないようで、逃げずにこちらを見上げている。僅か数10cmの至近距離。思わず触ろうとしてしまったが、「小熊の近くには必ず親がいて、子供を守るために襲ってくることがある」と聞いていたのを思い出し、急に不安になってきた。

写真を撮るのも忘れてその場を離れたが野生の熊を見るのは初めてのこと。何事もなく、こんなに近くで見られたのは幸運としか云いようがない。家に帰ってからもぬいぐるみのような姿が脳裏から離れない。

山頂まで登れなかったが熊に遭えたというだけで大満足の一日。いずれ焼山には時間の余裕を持って藪こぎをする心の準備をして臨むつもりでいます。



中津川インターを出て19号を進み、右折して363号に入る。しばらく道なりに進み、川上バス停付近に恵那山登山口への分岐標識が出ているので、左折して黒井沢林道に入る。
林道は途中で一部鋪装されてない部分もある。対向車に注意。