最近の山歩き




誕生山 たんじょうさん (502m)
天王山 てんのうざん (538m) 岐阜県美濃市(JA穀類等乾燥施設)
2004-01-11 晴     4名

場 所 北 緯 東 経
JAの駐車場 35°32′36″ 136°53′17″
誕生山頂上 35°33′14″ 136°53′28″
天王山頂上 35°33′28″ 136°52′11″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
ゴルフ場を抜けた辺りから誕生山
 誕生山・天王山に行くことになったが、東海北陸自動車道の関インターを過ぎたトンネル手前辺りから渋滞が始まりほとんど動かない状態が続いた。この時期、スキー場に向かう車で大混雑である。

 美濃インターを出てからは空いておりスムースに駐車地点まで行くことが出来た。JAの穀類等乾燥調整施設とある建物のスペースに車を停める。ここまでは完全鋪装である。

 ここから未舗装の道が続き道なりに進んでいくと、直ぐに登山口の標識が出ており、そこから斜面を登っていく。5分もかからないうちに尾根に出るが、ここにも誕生山への標識が出ている。

 この季節は落葉樹の葉が落ちているので尾根道も適度な展望がある。登山道の途中一ケ所展望の開けたところがある。途中には大岩があり岩の間から松の太い枝が伸びている。横の案内版には「この松のように根強く、い木てください」とある。

写真タイトル
天王山頂上から展望する人たち
 この岩の右側を巻くように登っていくが山頂に近づくにつれて斜面が急になってくる。アキレス腱が伸び切るような斜面を登り切ると電波反射板のある誕生山頂上にでる。南側の展望が良い。

 この山頂に着く少し手前に天王山に続く道が続いており標識も出ている。ここからは急な下り道でかなり下ることになる。下り切った辺りに小さな石仏が右側にあった。

 この後もいくつかピークを越えて天王山に至るが途中送電線の鉄塔の建っている所を通過。また白山神社からの登山道や大矢田神社からの分岐と合流しながらの道が続く。アップダウンの道で足に堪えるが、道そのものは分かりやすく標識やテープが適度に付いているので枝道があるものの間違えることはないだろう。

 帰りは大矢田神社に下る。大矢田神社から駐車地点まで舗装路を歩くことになるが、角に「鰻屋」のある所を左折し、さらにサッカー場のあるT字路で左折すると駐車地点のJAに着く。

 誕生山から天王山の縦走路はアップダウンが大きく、距離はそれほどないが、山歩きの満足感がある。また誕生山、天王山ともに電波反射鉄塔が山頂にあるので見つけやすい山である。



美濃インターを出て左折し、ホンダブリモの信号を右折する。あと道なりに進み、岐阜美濃ゴルフ場の中を過ぎた右手にJA穀類等乾燥施設があり、その敷地内に車を停める。