最近の山歩き




御岳山(剣ヶ峰) おんたけさん (3067m) 長野県三岳村(中の湯)
2004-07-02 曇のち晴     単独

場 所 北 緯 東 経
中の湯の駐車場 35°53′29″ 137°31′26″
御岳山頂上 35°53′27″ 137°29′01″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
「中の湯」の広い駐車場
夜も寝苦しい連日の暑さ、少しでも涼しい所へと高い山に行くことにしました。御岳は過去に何度も登っていますがHPに載せるのは初めて。名古屋からだと田の原からのコースが一般的のようですが、黒沢口、中の湯から歩いてきました。

中の湯コースは登山口が六合目。八合目までは樹林帯の道です。日差しを遮ってくれるので暑い時はいいと思ったのですが、出発時はどんよりした曇り空、ガスも出ていて視界も良くない。樹林帯が災いして風通しが悪いので蒸し暑く、直ぐに汗がふきだす。

道も平坦地、斜面に関わらず木材が敷き詰められているので歩きにくい。御岳は信仰の山、登山目的でない信者さんたちが雨の日でも歩きやすいようにという配慮からだろうか。延々と続く階段状の木道は足に堪える。

七合目は御岳ロープウェーの山頂駅付近になっており、ロープウェーを利用すればショートカットできるが今日は動いてなかった。

八合目に着くと一気に視界が開け眼前に御岳の山頂が見えるのだが、あいにくガスがかゝってしまっている。各合目には山小屋がある。しかし、まだ登る人が少ないせいか、いずれも閉まったまま。小屋は登山者というより信者の宿泊施設になっている。

写真タイトル
山頂三角点前
八合目からは展望は良いものの火山岩のつもった道となり九合目付近になると岩場の道に変わる。谷筋には雪渓も見られるが、この時期としては少ないように感じた。九合目から山頂にかけた稜線から二の池が望めるが、ここの水も少ないようだ。

曇り空も九合目に着く頃には晴れてきた。冷たい風が心地よいが日差しは強い。上空は晴れているものの周辺は雲の中、たまに乗鞍が顔を出すが、周辺の山々は雲に隠れてしまっている。

山頂は立派な像や社<が建っている。三角点と標識は隅の方に設置されているが、何となく場違いの感じがする。信仰の山だからしかたがないと思うが、今日は白装束の信者さんの団体は絶無だったので、立派な建造物が余計に違和感を感じる。

ガスがかかって見えなくなってしまうが、田の原からの山頂に人影が見えるが、剣ヶ峰まで来る人はほとんどいない。しばらく休憩するものの、周辺は雲がかかって展望もなさそうなので下山することにする。今日は風がほとんどなかった。じっとしていれば、それなりに涼しいが、湿度が高いのか、下山時も八合目からの樹林帯に入ると一気に蒸し暑く、おまけに木材の敷き詰められた道なので足の裏が痛くなってきた。今年の山歩きの中では一番疲労度が大きいように感じた。



中津川インターから国道19号を進み、御岳方面に左折。途中、御岳ロープウェイ方面への分岐信号で右折し、標識に従い中の湯まで入る。