最近の山歩き




那須ヶ原山 なすがはらやま (800m) 滋賀県甲賀町(参詣橋)
2004-03-28 晴     4名

場 所 北 緯 東 経
参詣橋の駐車場 34°52′56″ 136°17′54″
那須ヶ原山頂上 34°52′20″ 136°18′02″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
唐木のキレットに続く岩場
 このコースは'98に反時計回りで歩いてますが、今回は参詣橋から坂下峠を経て時計回りで歩いてきました。駐車地点は前回と同じく参詣橋を渡って那須ヶ原山の登山口方面に少し登った右側に一台分のスペースがあるので、そこに停めた。

 緩やかな昇りの鋪装林道を歩く。以前より鋪装部分が伸びたようだが、所々で落石もある。途中から未舗装となるが、ここからは車で進むのは不可能なほど道は荒れている。参詣橋から坂下峠まで40分ほどの道のりである。

 坂下峠は道路をはさんで溝千山・高畑山への標識も出ている。ここから急登の道がしばらく続きザレ道の展望が開けた所に出る。

 ここから道は緩やかになり前方に唐木のキレットと云われるピークが見えかくれしている。ここは巻道になっているが道は崩れやすく崩壊しているので少々緊張する。ロープやクサリは付けられてないが、設置して欲しい箇所だ。足腰の弱っている者は足がすくむ。

写真タイトル
山頂の石室
 ここを通過すると直ぐに唐木山に着く。ここも山頂直登でなく直ぐ脇を通るが、山頂には少し下って登り返す。しかし急で斜面は砂で崩れやすく両側が切れ落ちているので眺めるだけにした。

 この後は危険な所はないものの急なアップダウンの続くヤセ尾根道が続く。砂礫の崩れやすい道なので歩きにくい。

 那須ヶ原山でお昼にしたがポカポカ陽気で風もなく、食後は久しぶりにお昼寝タイムとなった。

 山頂から参詣橋へは単調な下りで危険箇所もない。途中、伐採された周囲を網で囲んで登山道が塞がれていた。最初は戸惑ったが、よく見ると止めてある網を外して通り抜けられるようになっている。中に入ると獣害を避ける為のネットなので網を戻しておくようにと立て看板があったが、下りでは気付きにくい。

 右側に小屋のある所を通り黒部滝を過ぎると登山口に着く。参詣橋から往復なら、ここまで車で入れる。登山口から駐車地点までは鋪装道。



名阪亀山インターを出て1号線を北上。鈴鹿トンネルを過ぎ鈴鹿スカイラインへの分岐信号の次の信号を左折。道なりに進み大原ダム湖を過ぎると、那須ヶ原山への標識が出ているので、鋭角に左折しダム湖の西側に沿って鋪装林道を参詣橋まで入る。