最近の山歩き




見当山 けんとうやま (1352.1m) 岐阜県高鷲村(郡上高原CC)
2004-04-30 薄曇     単独

場 所 北 緯 東 経
林道の駐車場 35°58′35″ 136°56′56″
見当山頂上 35°58′41″ 136°57′46″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
南方に鷲ヶ岳が見える
道の両側に郡上高原ゴルフ場の駐車場があるが更に先に車を進めた。駐車場からは鋪装されているものの、一車線の狭い道になる。直ぐに右折する分岐になり見当山には右に入るが車はそのまま直進して路肩の広い所に停めた。 余り駐車するスペースはなさそうなので、ゴルフ場の駐車場が利用できれば、そこに停めた方が良さそうである。

駐車地点から少し戻って分岐の道に入る。変則十字路になるが未舗装の道を進む。ここから直ぐのP23地点が取付だったのだが気がつかず先に進んでしまった。林道を道なりに進むとP25の標識が路傍に立てられていたので、取付く林道を間違えたのかも知れない。しかし、その先に見当山への古い標識が出ていたので、そこから山道に入る。

ブナなどの雑木林で道もハッキリしていたが、途中から薄い踏み跡程度になる。谷から右の尾根に取付き、また左の尾根にと踏み跡をたどっていくとP19とある分岐に出た。

ここからはハッキリした尾根道となり真直ぐ下方にも道が続いている。これが下から登って来る正規の道だった。

写真タイトル
山頂より大日ヶ岳方面
道なりに登っていくとP17とあるピークに出る。ここも分岐点のような地点で下から上がってくる道が他にもある。ここから少し下って急斜面を登り切るとピークに出るが山頂はその先のピークだった。

また下り登り返して山頂につく。山頂から先にも下り道が続いている。どこかの登山口に出るのだろう。周辺は小指ほどの太さのあるネマガリタケが密集しており刈り取られてなければ残雪期でないと登れないだろう。山頂部も広く刈り取られていて大日岳や別山方面の山々が眼前に展開して展望が良い。

三角点と山頂を示す細い杭があるだけで、よくある登頂記念プレートなどは一切ない。途中には郡上高原ハイキングコースと標識が出ていたが、登山者が少ないのか余り俗化されてないようで好ましい。記念プレートをつけていく人は、それぞれの思いがあるのだろうが、数多くつけられていると煩わしい。

「山にはゴミを残さない、残して良いのは思い出だけ」というような道徳めいた登頂記念プレートが何処かの山頂に貼ってあったが、他人から見ればプレートそのものが目障りなゴミである。

帰りは正規の道?を下ったが広くて歩きやすい道。林道に出た所に標識P23があったが、下に落ちていたので見落としてしまった。ここから鋭角に木橋を渡って階段状の道を登っていくのがハイキングコースのようだ。

往路間違えた道?は余り人が歩いてないような雰囲気だったが、登山道らしくて良かった。



東海北陸道・高鷲インターを出て鷲ヶ岳スキー場の方に進む。途中、「牧歌の里」への案内標識が出ている十字路で左折。道なりに「やまびこロード」を進む。右折して牧歌の里を過ぎ郡上高原ゴルフクラブまで入る。
ゴルフ場の駐車場より奥は道が狭くなり駐車スペースが少ない。