最近の山歩き




油日岳 あぶらひだけ (693m)
三国岳 みくにだけ (686m)
那須ガ原山 なすがはらやま (800m) 三重県伊賀町(奥余野森林公園)
2004-02-15 曇り・小雪     4名

場 所 北 緯 東 経
余野公園奥の駐車場 34°51′40″ 136°16′19″
油日岳頂上 34°52′15″ 136°16′47″
那須ガ原山頂上 34°52′21″ 136°18′02″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
油日岳山頂の祠
 予報では晴れるということであったが名阪は雨。登山口の奥余野森林公園では雨は降ってなかったが黒い雲が低く覆い被さって薄暗く感じる。

 奥余野森林公園の広い駐車場に車を停め、鋪装された林道を道なりに行くと通行止めの標識が置いてあり、その先直ぐに林道は終る。ここから右に行くと三国岳、左が油日岳の案内が大きな岩に記してある。ここには新しい休憩舎が建っている。

 ここを過ぎる本格的な登山道となり急斜面にはハシゴがかけられ、その上にはロープが続いている。登山道はハッキリしているが荒れた感じで歩きやすいとはいえない。途中、尾根コースと合流し油日岳に至る。油日岳から那須ガ原山への標識に従い進むが、この道もアップダウンの連続で中々の難コース。

 途中三国岳の標識の出ている所を通るが、単なるピークといった感じで展望もない。ゾロ峠への分岐点でもある。三国岳から那須ガ原山までの道も急なヤセ尾根のアップダウンが続く。岩場の登りや下りもあり、今日は雪が僅かに積もっているので滑りやすい。

写真タイトル
那須ガ原山
 一般的な登山道で転んでも大したことにはならないが、こういう両側が切れ落ちた急な尾根道は滑ったりしたら滑落の危険もある。

 今日は北風も強く尾根では吹き上げる冷たい強風で体が冷えきってしまう。坂下峠への分岐標識を過ぎると山頂の那須ガ原神社が見える。

 那須ガ原山の神社の前は平坦地になっており、その下が避難小屋になっている。最初の予定ではこの避難小屋で鍋を囲むつもりであったが、登山道が歩きにくかったことで予想より時間がかかってしまった。

 ユックリとくつろぐ気分にもなれないので、ひと休みして戻ることにした。三国岳まで戻り、そこからゾロ峠の方に下った。こちらはヤセ尾根のような危なっかしい所はないが、枝道がある。テープを見落とさないよう下る。峠近くは笹などが刈り払われているが、道には苅られた笹が散乱しており整備途中といった感じである。ゾロ峠から駐車場までは比較的緩やかな下りである。

 途中にハイキングコースという標識が出ていたが、駐車場から油日岳、三国岳、那須ガ原山のコースは荒れたアップダウンの道が続くので距離の割には時間がかかるし、体力も消耗する。

 前回の便石山などはまさにハイキングコースであったが、こちらは低山といえどもハイキング気分で入ってはいけない。この季節、積雪や気温にもよるが軽アイゼン程度はあったほうが好ましい。



名阪国道、水口・甲賀の標識のあるインター(上柘植インター)を出て右折。道なりに進み上柘植を過ぎ水口方面に進むと、右手に余野公園がある。公園内に入り突き当たりを左折して鋪装された細い林道を行くと、トイレのある広い駐車場に出る。