最近の山歩き




鳶ノ巣山 とびのすやま (710m) 愛知県鳳来町(東海自然歩道県境)
2003-01-31 曇     単独

場 所 北 緯 東 経
駐車場 34°57′43″ 137°41′27″
鳶ノ巣山頂上 35°58′07″ 137°42′00″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース
 名古屋でも昨日は少しばかり積雪がありましたが、この冬一番の冷え込みのようです。山の雪は気にならないのですがアプローチの道路に積雪があるのは、いまだに腰が引けます。

 道中雪のないようにと、静岡県と愛知県の境にある鳶ノ巣山に行くことにしました。国道を走っている間はよかったのですが、駐車地点に近づくにつれて道路脇に僅かですが積雪が見られるようになってきた。地元の人に訊いたら昨日降った雪だという。

 車を停めたのは未舗装の林道に入る手前で、墓地と簡易水道の建物がある所。駐車スペースはほとんどないが、少し広くなっている所においた。ここから舗装路が左手に続いているが、登山口は右折し林道を上がっていく。
写真タイトル
駐車地点にある標識

 林道にも僅かながら積雪があるが、少し行くと日当たりの良い積雪のない所に出た。ここが東海自然歩道の静岡県と愛知県の境になる。つまり愛知県の自然歩道は、ここが始点になる。

 左にカーブするように自然歩道の林道を更に進んでいくと、左手の山道に入る所に小さな手製のプレートが出ている。道は尾根を直登するように付いておりやや急な登り。雪も僅かで踏み跡もないのでアイゼンを付けなくても何とか登れる。

 汗をかく間もなく三角点のある所に出る。鳶ノ巣山も三角点と最高高度の違う山である。そのまま尾根伝いに進めば最高地点に出るが、木々に手製のプレートが掛かっているだけで見通しは悪く山頂とは思えない所だ。

 短時間コースなので、このまま戻るより少し先から自然歩道に出て周遊することにした。雪で道が分かりにくいが分岐1の所から左に行く下り道が続いているが、地図では県道の方に出てしまうようだ。これは舗装路歩きが長くなりそうなのでパス。

 分岐1から右に行く道も下りになっているが標識もテープも何もないので分かりにくい。こちらの方が急。現在地の分かる地形図がない時は、山頂から往路を戻った方が無難。

写真タイトル
鳶ノ巣山山頂(最高点)
 分岐1から分岐2にかけては、やや雪も多いが大した量ではない。分岐2から又枝道らしきものがあったので、そこを右折したら直ぐに自然歩道の林道に出た。分岐2では、そのまま進んでも林道に出られるのではないかと思う。

 ここからは緩い下りの林道を戻るだけである。東海自然歩道ということで、所々次のポイントまでの距離と所要時間を書いた標識が出ている。

 丁度お昼に自然歩道県境の所に着いた。ここには木製のテーブルとベンチが設置してある。熱いコーヒーを入れながら昼食をとることにする。

 天候の方は前回の藤原同様、雲の流れが早く日が差したかと思うと直ぐに暗くなってしまう。ただ地形の関係か風が強くないので寒さはさほど感じなかった。

 ほとんど未舗装林道歩き、歩行時間がやや短かったが、道中誰にも会わなかったということで大満足の一日(半日か?)でした。



豊川インターから151号に入り、長篠または三河大野の信号を右折し県道505経由で登山口に至る。県道に入ると「鳶ノ巣山」への標識が分岐ごとに出ている。