最近の山歩き




釈迦ヶ岳 しゃかがたけ (1092m) 三重県菰野町田光(八風キャンプ場奥)
2003-10-10 薄曇     単独

場 所 北 緯 東 経
林道の駐車場 35°04′26″ 136°27′39″
釈迦ヶ岳頂上 35°03′44″ 136°26′39″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
八風峠・後ろは三池岳
 久しぶりに鈴鹿の山に行くことにした。釈迦ヶ岳は一般的に南側の朝明渓谷から登られることが多いが、今回は反対側、竜ヶ岳方面からの縦走路になっている八風峠経由で登ることにした。

 登山口には306号から田光で八風射撃場への標識に従い西に入る。駐車地点の直ぐ手前で道はY字に分岐するが右に行くと射撃場。左に入り未舗装部分になった左側に駐車できるスペースがある。

 荒れた未舗装の林道を歩いて行くと終点になり堰堤のある谷川に出る。谷川を渡ると山道。道は川に沿って続いており雑木林の中を進む。道が左岸に渡り返すと谷川と離れジクザク道になり高度を上げていくが、谷川を渡って直ぐに中峠との分岐がある。

 昔の峠道の名残りか道幅の拾いジクザク道が続く。途中よだれ掛けをつけた三体の石仏が道の脇に鎮座している。砂地のザレた斜面を登りきると八風峠に出る。

 峠の鳥居を抜けていけば三池岳が直ぐ近くにある。八風峠から南の方に釈迦ヶ岳が見えている。ここからはいくつかのピークを越えていく尾根歩き。道は狭いもののハッキリついているので間違えることはなさそう。

写真タイトル
釈迦ヶ岳山頂
 峠からすぐに The rest rock と標識の出ている展望岩のような所に出る。休憩するには丁度よいところ。釈迦ヶ岳も良く見える。ここから同じくらい進むと、中峠につく。ここは八風峠のような特徴はなく単なる分岐点である。

 途中に笹が背丈を越えるような所もあり、薮漕ぎを強いられる。切れ落ちた崖のギリギリに道がついている所もあり、薮漕ぎは足下にも注意がいる。

 笹やぶも前半のみで雑木の稜線歩きが続き展望も時々開け飽きることない道が続く。最後にやや急な道を登りきると山頂。釈迦ヶ岳の山頂は狭く周囲が笹や雑木に覆われているが、東側の笹が低いので菰野方面に展望が開けている。

 帰りは中峠経由で下ってきたが、こちらは余り人が入ってないようで、途中から道が怪しくなり分からなくなってしまった。GPSで現在位置や進む方向が分かるので、そのまま強引に下ってきたが、地形の読めない人は入り込まないほうがよさそう。道も八風経由より急。



名阪四日市インターを出て右折し、御在所方面に向かう。途中306号に右折し田光と標識の出ている辺りに「八風射撃場・八風キャンプ場」書いた看板が出ているので、それに従い左折し、道なりに舗装路終点まで入る。ここには駐車できないので、三叉路を左に入り、未舗装路を数10mも行くと左側に広い駐車スペースがある。