最近の山歩き




白尾山 しらおさん (1613m) 岐阜県白鳥町(しらおスキー場)
2003-06-06 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
スキー場の駐車場 35°53′40″ 136°55′59″
白尾山頂上 35°54′57″ 136°58′12″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース


写真タイトル
リフト降り場から見る白尾山

 白鳥インターを出て始めての信号を右折。道なりに高鷲方面に進む。途中しらおスキー場への案内標識が出ているのでそちらに右折。スキー場までインターから15分ほどで行ける。

 しらおスキー場への入り口には「立入禁止」の立て札が出てるが車が入れるようになっている。車を進めるとリフト乗り場のあるメインの駐車場辺りから奥に入らないよう冊と立入禁止の表示が出ている。

 どうやら無断で山菜を採りにくる人たちがいるらしい。登山者は無料で駐車場に停めさせてくれるので一言声をかけ許可を得た方がいい。鋪装された一番奥まで入り、路傍にある駐車場に停める。

 白尾山には一番奥にあるゲレンデを登ることになる。いつもながらスキー場のゲレンデは日射しを遮るものがないので暑い。最初は斜面も緩いが少しずつ急になっていくようだ。第7ロマンスリフト乗り場に出る。

 ここからもリフトを左手に見ながらゲレンデ上を登って行く。大汗をかきながら第7ロマンスリフト降り場に着く。ここに「白尾山」の大きな標識が出ているし、眼前に山頂らしきピークも見える。

 ようやく樹林帯に入る。一部植林もあるが大半はぶななどの自然林。気持ちの良い尾根歩きである。無風のゲレンデ上と違い下から吹き上げる風が冷たく心地よい。

写真タイトル
白尾山頂上
 最初は平たんな道が続く。自然林の中であるが、時々右側(東側)に展望が開ける。登山道は幅広くササや雑木が刈り込まれており歩きやすいが、道そのものは新しいようで太さ1cm以上もある笹の切り株が道のまん中に出ている所もある。途中で登山道のササなどを刈り整備している人たちに会った。

 時々急な登りになるもののゲレンデの斜面に比べれば楽な気がする。山頂直下だけ少し急になる。山頂は切り開かれており三角点と山頂を示す標柱がある。

 北の方に展望が開けており、笹が一部刈り取られて積んである。まだ切ったばかりのようで青々している。切り株も鋭く尖っているので踏み込むのは止めた。

 この辺りの笹は太く道のないところを簡単にやぶ漕ぎするというわけにはいかない。帰りも登山道の整備が続いていたが、道に散乱していた笹も掃き寄せられ綺麗になっていた。

 白尾山はヤブ道で雪のシーズンに登られていたようだが、こうして登山道が整備されると無積雪期でも簡単に誰でも登れるようになる。

 暑く長いゲレンデ歩きに少々うんざりするが、登山道に入ると、自然林の中を歩くコースなので、一気に不満が解消される。



 白鳥インターを出て始めての信号を右折。道なりに高鷲方面に進む。途中しらおスキー場への案内標識が出ているのでそちらに右折。スキー場までインターから15分ほどで行ける。