最近の山歩き




大西山 おおにしやま (1741.2m) 長野県大鹿村(つり天国)
2003-09-19 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
つり天国の駐車場 35°33′03″ 138°02′15″
大西山頂上 35°32′23″ 138°00′46″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

写真タイトル
山頂近くのピーク
 つり天国の反対側にガードレールのついた小さな橋があり、そこに「大西山」への案内標識が出ている。橋を渡り草の生い茂る道を少し進むと、鋭角に右方向に上り道が続いているが、ここにも標識が出ている。

 畑のような所を通り抜けると竹やぶになり、それを抜けると雑木の道になる。道はジクザグについており、やや急な道を登り返しながら高度を上げて行く。

 道は一人歩ける程度の細い道が続く。やがて尾根に出るが、尾根直登は厳しいのか少し下に道がついており、ここもジクザグに登り尾根の上に出たかと思うと、反対側の尾根の下をまたジクザクに登り尾根に出る、ということを何度も繰り返す。

 踏み跡は薄いところもあり枝道が多いので要注意。周囲は雑木ばかりで見晴しは良くない。登山口ではさほど涼しくなかったが、高度をあげるにつれて下から吹き上げる風が冷たく心地よい。

写真タイトル
大西山頂上
 やがて道は低い笹原のカラマツ林になる。ここはやや平たんな所で景色が一変する。テントでも張れそうな雰囲気だ。穏やかな笹原を進み、最後に少しだけ急斜面を登りきると三角点のあるピークに出る。何も標識はないが1630m地点らしい。

 ガイドブックにはここから南アルプスの展望が良いと書かれているが、樹木が邪魔してほとんど見えない。少し下ってから登り返すと、またピークになり、ここからの展望はなかなかいい。登ってきた方向に南アルプスの山並が一望出来る。

 ここが山頂のような気もしたが、やはり標識は出てなくて、道は更に続いている。ここから背丈ほどの笹の中を10分ほど行くと「大西山」の標識の出ている山頂に着いた。山頂は木々に囲まれ全く展望はない。休憩するにも何となく落ち着かないので写真を撮ったあと、先ほどのピークまで戻り大休止して昼食にした。

 登山道は適度な斜面で歩きやすいが、展望のきかないジクザグ道は我慢の歩き。カラマツ林になる頃から風景が一変し展望の開けるピークにでる。枝道も多いが要所には標識が出ているので迷うようなことはない。ただ帰り道カラマツ林の所で分岐する道が直線と右に折れる所がある。枝で塞いであるが直進せず右折する。

 ややマイナーの山で誰にも会うことはなかったが、名古屋からの日帰り、隠れた名山の一つに入れても良い山だった。



松川インターを出て直進し「大鹿村」の道路標識に従い進む。小渋湖にそって進み152号に出て右折、小渋橋を渡った所に「中央構造線博物館」の案内標識が出ているので、それに従い152号から分岐、直ぐに「つり天国」への案内標識が出ているので細い鋪装された道を登って行くと行き止まりになり、つり天国の駐車場に着く。
駐車地点まで全線舗装路

注、駐車場はつり天国の私有地なので、一言断ってから停めること。オーナーは登山者の多くが無断で停めて行くので不満そうでした。