最近の山歩き




明星ヶ岳 みょうじょうがたけ (549.4m) 三重県関町(国分寺)
2003-03-30 晴     同行者4名

場 所 北 緯 東 経
国分寺の駐車場 34°52′44″ 136°24′07″
明星ヶ岳頂上 34°53′02″ 136°23′30″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース
 今日は誘われての山。この山も4年ぶり。登山口には亀山インターを出て大津方面に向かい二つ目の信号を右折する。工業団地に沿って道なりに進むと狭い集落の道になる。

 道右側に石灯籠を見て進んでいくと左側に石灯籠のある国分寺参道前に出る。途中、「国分寺」への標識が出ているが生活道路が縦横にいりくんでいるので道順が分かりにくい。近くに人がいたら国分寺への道順を尋ねた方が無難である。

 以前は灯籠前の広くなっているところに路駐したが、簡易舗装された参道を入り途中の駐車スペースまで入った。駐車地からは軽なら通れそうな未舗装の道になる。やや急な登り道で、途中には参道らしくいくつかの石仏が祀ってある。途中に送電線の鉄塔が建っていたが前はなかったような?気がする。

写真タイトル
国分寺
 最初から急な登りは息が切れるが直ぐに国分寺に着く。ここは無人のお寺でなく人が住んでいるようだ。皮膚病らしい犬が一匹と多数の猫が出迎えてくれた。猫もこれだけ多いと不気味である。

 本道の左手から登山道が続いているが、歩いてきた登山道と同じくらい急。途中ザレたところや倒木をいくつか跨ぎながらの道。やがて尾根の急登となる。ここを登り切ると三角点のある山頂に出るが、以前より北東方面に視界が開けているように感じがするが、植林の中である。

 ここから更に北の方に行くと西峰という展望の開けた最高点に出る。アップダウンの分かりやすい道が続いている。単独の先客が一人カップ酒を口にして周辺の眺めを堪能している。ここからは低山ながら鈴鹿の山並みが一望に見渡せる。

写真タイトル
明星ヶ岳西峰
 天気がよく暖かいが風は冷たい。グループの時はいつも食事時間が長くなるので風の当たらない所まで移動することにした。少し下った鞍部から横に逸れたところに適当な場所が見つかり、そこで宴席が例のごとく始まることになる。

 関、亀山周辺には半日コースとして適当な山が多いが、ここもその一つ。この辺の展望の良い山は錫杖ヶ岳や経ヶ峰などあるが、中でも明星ヶ岳の西峰からは鈴鹿の山並が一望出来る。ただし低山急登なので暑い季節は止めた方がいゝ。

 4年前に比べると登山道が広くなっている。参道にも送電鉄塔が建てられたり、麓の工業団地の敷地も広がったようだ。国分寺からは第二名神の橋桁が見えたりして目に入るものが変貌していた。



 亀山インターを大津方面に出る。二つ目の信号右折。国分寺参道内の駐車場まではいる。生活道路が入り組んでいるので分かりにくい。
 1号線を関駅の前まで行き、信号右折すれば道なりで灯籠の前に出る。