最近の山歩き




静ヶ岳 しずがたけ (1088.6m) 三重県藤原町(青川峡林道終点)
2002-03-31 晴     5名

場 所 北 緯 東 経
林道終点の駐車場 35°07′52″ 136°27′56″
静ヶ岳頂上 35°07′39″ 136°26′15″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース

トンネル
手掘りのトンネル
 登山口には木曽三川経由で行ったが、名阪・四日市インターから306号を北上するのが分かりやすい。石ぐれ北の信号を過ぎ、青川にかかる橋を渡ると直ぐに「青川峡キャンプ場」への標識が出ているので、それに従い右折する。登山口は道路の(左)西側なので錯覚するが、橋の下をくぐりUターンし、青川に沿って舗装された林道が続いている。

 途中、新しいキャンプ施設が建設中で、この辺りだけが未舗装になっているが、林道車止め終点まで舗装路であるが一車線の細い道。駐車地点には広い駐車スペースがある。

 車止めから林道を行くと、直ぐに左へ下る道があり、青川を渡る。丸太を3本束ねただけの簡単な橋がかけてあるが、途中4箇所ほど、同じような丸太橋を渡る所がある。雪解けなのか以前来た時より水量が多いようだ。橋のない所は飛び石伝いに渡ることになるが、広河原と呼ばれる広い川原に出る。ここを過ぎると左に川が曲がっていくが、岩場につけられた鎖に助けられ前進する。

 道は人の背丈ほどの手堀りのトンネルに出る。ここを抜け銚子谷に続く沢を渡り左方向に続く道を登っていくと、日丘稲荷とある鳥居のある神社に出る。また沢を渡るところがあるが、ここを過ぎるとジグザクの急な登りとなる。途中、中尾地蔵という小さな社がある。このあとも治田峠まで急登が続く。峠は右に藤原岳、直進茨川、左に静ヶ岳の分岐点である。

山頂
静ヶ岳より竜ヶ岳方面
 治田峠て左折し、最初は快適な尾根歩きで右手には御池岳方面が見渡せる展望地もあるが、途中から急な登りとなり銚子岳との分岐に着く。銚子岳には、ここから5分もあれば行ける。少々疲れがきているのと時間短縮のため、分岐点にザックを置き何も持たずに静ヶ岳に向かうことにした。

 静ヶ岳には、ここから一気に急な下りになり周囲の木につかまりながら下らないと滑り落ちそうである。かなり下って鞍部となってからは緩い登り。途中「縦走路」と書かれた立て札など見ながら山頂を横目に進んでいくと、竜ヶ岳方面との分岐となる。

 ここからUターンするように尾根伝いに登っていくと静ヶ岳の山頂だ。ここからは眼前に竜ヶ岳、その右には釈迦や御在所の山並みが連なって見渡せる。

 天気の方はずっと良かったが、静ヶ岳の山頂で展望を愉しんでいたら、急に雲がかかりポツポツと降ってきた。雨具などザックに入れたまま分岐点に置いてきたので慌てて戻ったが、大したことはなく、すぐに止んでしまった。



 木曽三川経由で306号に入り、青川に架かる橋を渡って直ぐの「青川峡キャンプ場」の標識で右折し林道に入る。途中、新しいキャンプ施設を建設中で迂回路のようになっているが、そこをのぞけば駐車地点まで舗装路