最近の山歩き




鬼面山 きめんざん (1889.3m) 長野県下伊那郡大鹿村(地蔵峠)
2002-06-21 晴     単独

場 所 北 緯 東 経
地蔵峠下の駐車場 35°28′40″ 138°00′55″
鬼面山頂上 35°29′19″ 137°59′35″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示
(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口





地図
登山コース
地図
loggerによる登山コース

写真タイトル
登山口
 飯田インターから登山口に至る道はいくつかあるが、一番分かりやすいのはインターを出て直ぐ右折しアップルロード経由で国道を北上。途中、「三遠南信道」「上村」の標識の出ている所で右折し、しらびそ方面に向かう。矢筈トンネルを出ると国道152号になるが、途中道がないので「しらびそ高原」方面への林道に入り、152号に出る。地蔵峠は上村と大鹿村の境にあるが、峠から少し下った大鹿村よりの左側に駐車スペースがある。

 峠には「地蔵峠」の標識が出ており、その手前にある「地蔵菩薩像」の案内版のある所が登山口になる。登り始めると直ぐにお地蔵さんの祀られているお堂がある。新しい花など供えられているので、誰か世話をしている人がいるのだろう。このお堂左側に登山道が続いている。

 初めから急な登りとなり途中左側に作業小屋のある所を通過。赤テープなどの目印は全くないが、良く踏まれた分かりやすい一本道なので間違えることはない。道は両側が切れ落ちた、いわゆるやせ尾根につけられており、最後まで尾根伝いの道である。急になったり、やや緩くなったり、急なピークから少し下ったりと、少しばかり嫌な道が続く。途中から左手方面の視界が開けるが、高い山の上には雲がかかって今日は遠望がきかない。

写真タイトル
鬼面山頂展望台
 登山口が既に1300m以上あり、急な登りで汗をかくものの風が心地よく、あまり暑さも感じない。いまの季節、ちょうど良い山だ。

 登るにつれて登山道は立木で薄暗く苔むした倒木などもある。鬼面山の東から周り込むように尾根を歩いていくと、最初に丸太材の展望台が目に入る。

 三角点の前に「鬼面山」の木製標識が置かれているだけで、展望台がなければ、単なるピークのような山頂である。近郊の山に見られる登頂記念のプレートやテープなど全くないので気持ちがいい。ここからは、眼下に伊那谷方面、飯田の町並みや中央アルプスの山々、反対側には南アルプスの山並が見られる筈であるが、あいにくとアルプスには雲がかかり残念ながら高い山はほとんど見えない状態。

 この山は反対側の虻川林道奥から登られるコースが良く紹介されている。アプローチの林道が悪そうなので地蔵峠からにしたのですが、道はハッキリしているものの余り歩きやすいとは言えなかった。

 参考タイムは、登り2時間、下り1時間半ほどである。早朝に発てば、しらびそ峠から尾高山とのダブル登山も可能。



飯田インターを出て右折し、道なりに進む。「上村・しらびそ」の標識が出ている所で右折し、矢筈トンネル経由で地蔵峠まで。全線舗装路。